暮らしのミソを知る情報メディア「ミソシル」by東京かあさん

東京かあさんによる情報発信メディア

東京かあさんによる情報発信メディア

ショック! 服に口紅がついちゃった…。簡単&ラクに汚れを落とす対処法

2021.4.11

ショック! 服に口紅がついちゃった…。簡単&ラクに汚れを落とす対処法

ミソシル編集部

ミソシル編集部

  • Facebook
  • Twitter

着替えているときや外出先でのメイク直し中に、トップスやジャケットに口紅がついちゃった!という経験ありませんか。色の濃い服ならまだしも、色の薄い服に口紅がくっきりついてしまうとショックですよね。口紅の汚れは普通に洗濯するだけではなかなか落ちません。つけてすぐの応急処置法から洗濯方法まで、身近にあるものを使って、口紅汚れを落とす方法をご紹介します。

口紅汚れはどうして普通に洗うだけじゃ落ちないの?

衣類につく汚れは、大きく分けて3種類あります。

①砂やほこりなど水にも油にも溶けない不溶性汚れ
②汗やしょうゆ、コーヒーなど水に溶ける水溶性汚れ
③食用油、ドレッシングなど水に溶けないけれど油には溶ける油性汚れ

油分や色素などさまざまな成分が含まれている口紅の汚れも、③の油性汚れです。どんなに水で洗っても、油分が水を弾いてしまうので汚れは落ちません。

それどころか、かえって跡になって残り、ますます落としにくくなることに。色素だけでも何とかしたい!と酸素系漂白剤を使っても、汚れた部分に油分がある限り、弾かれてしまって効果はありません。

 

油性の口紅汚れは何で落ちる?

油性汚れに使えるのは、油を溶かす性質のものです。メイク落としにクレンジングオイルを使ったり、食器の油汚れ落としに台所用中性洗剤を使うのも、この性質によるもの。

どうしても色のほうに気を取られがちな口紅汚れですが、色素も油分に混合されているので、油分さえきちんと落とせれば色素も一緒に落ちます

 

外出先で口紅がついたときの応急処置法

服についた汚れは、時間が経つほど繊維に染み込んで落ちにくくなります。外出先で服に口紅がついてしまった場合は、油分や色素がシミになって残ってしまわないよう、少しでも早く汚れを落としておきましょう。

でも、クレンジングシートなんて持ち歩いてないし、台所用中性洗剤もない…という場合でも大丈夫!大抵のトイレに置いてある、ハンドソープを使いましょう!。手の皮脂汚れを落とすハンドソープを利用して、口紅の油分だけでもすぐ抜いておけば、帰宅後の洗濯がグッとラクになりますよ!

<使うもの>
・ハンドソープ
・ティッシュ または ペーパータオル
・ハンカチ

<応急処置の方法>

① 汚れが下に移らないよう紙類を当てる
口紅がついた部分の裏側に、ティッシュやペーパータオルなどを当てます。下の布に口紅が移るのを防ぐためなので、忘れずに!

② ハンドソープをつけたハンカチに口紅を移す
ハンカチにハンドソープを含ませ、口紅がついた部分を上からポンポンと軽く叩くようにして押さえ、ハンカチに口紅を移し取ります。

③ お湯をつけたハンカチで石けん分を取る
ハンカチのキレイな面をお湯で濡らし、2で押さえた部分をやはり軽くポンポンと押さえ、ハンカチに服についた石けん分を移し取ります

④ ティッシュなどで水けを取る
最後に、乾いたティッシュやペーパータオルなどで服についた水けを拭き取ります。

②~④の工程で注意したいのは、間違ってもゴシゴシこすらないこと! こすってしまうと繊維の中に口紅を押し込むことになり、かえって落としにくくなります。

口紅が服についたとき、すぐにここまでやっておけば、帰宅後に洗濯する際、口紅をつけてしまった部分に洗剤の原液を直接つけ、普段どおり洗うだけで大丈夫です!

 

口紅がついてから時間が経ってシミになったときの落とし方

口紅がついた直後すぐに気づけば応急処置もできますが、意外と帰宅後に服を脱いでから気づいた…、洗濯しようと思ったら服にいつついたのか分からない口紅が…ということもありますよね。

そんなときも大丈夫! 洗濯機に入れる前にシミ抜きの下処理をすればいいんです。自宅にあるものを使ってすっきりキレイに落としてしまいましょう。

ただし、いつも自宅で洗濯している服なら問題ありませんが、普段からクリーニングに出しているような服の場合は、以下の2点を忘れずに確認してください。

 

シミ抜き前の確認事項

① 洗濯表示

洗濯表示をチェックして、「水洗い」できるかどうか確認を。洗濯桶のマークに×がついていたら「水洗い不可」のデリケートな洋服なので、自力でなんとかしようとせず、早めにクリーニング店に持ち込み、プロの力を借りましょう。

 

② 色落ちの可能性

服によっては水洗いOKでも、もんだりこすったりすると色落ちしてしまうものもあります。心配な場合はいきなり汚れ落としに取りかからず、目立たない部分に洗剤をつけてもみ込み、色落ちしないか確認してからにしましょう。

上記2点がクリアできたら、あとは実践あるのみです!

時間が経ったシミの落とし方

<用意するもの>
・クレンジングオイル または 台所用中性洗剤
・タオル
・洗面器
・歯ブラシ

<口紅のシミ抜きの方法>

① 汚れた部分にクレンジングオイルをかける
口紅がついている部分の裏側にタオルを当ててから、汚れた部分にクレンジングオイルをまんべんなくかけます。色がそれほど濃くなければ、油汚れ落とし効果のある台所用洗剤でもOKです。

このとき注意したいのは、口紅がついている部分を水で濡らさないこと! クレンジングオイル(台所用中性洗剤)が水で弾かれ汚れになじみにくくなってしまうので、必ず乾いた状態でダイレクトに塗布することが大切です。

 

② 歯ブラシでトントン叩く
口紅と下に当てたタオルをしっかり密着させ、クレンジングオイル(台所用中性洗剤)をかけた部分を歯ブラシでトントン叩いて口紅となじませます。このとき、ゴシゴシこすってしまうと汚れが広がったり、繊維に入り込んでしまうので注意を。

ブラシ部分を使うとこすってしまいそうで不安…という人は、歯ブラシの背の部分を使ってもOK。やさしくクルクル滑らせるようにクレンジングオイル(台所用中性洗剤)で口紅を溶かし出し、タオルに移していきましょう。

 

③ タオルの位置を変えてしっかり移し取る
口紅の色がどんどん薄くなってタオルに移っていくので、タオルの位置はこまめに変え、キレイな面が汚れの下にくるようにして、服からタオルへ口紅を移しきります。

 

④ 洗面器にお湯を入れてすすぐ
服についた口紅の色が落ちたら、オイル成分(台所用中性洗剤を使った場合は洗剤成分)をすすぎ落とします。洗面器に40℃ほどのぬるま湯を入れ、布にお湯を通すイメージでやさしくすすぎましょう。温められることで油汚れ落とし効果が高まり、残っていた汚れも流れ落ちます

 

⑤ 軽く絞って洗濯機へ
すすぎ終わったら、軽く絞って汚れ落ちを確認。あとは、口紅がついていた部分に洗剤の原液を直接つけ、普段どおりに洗濯を。

落ちた!と思ったのに、乾いたらまだうっすらと色が残っている…という場合は、酸素系漂白剤の出番です。色素が残っている部分に酸素系漂白剤をダイレクトにかけ、なじませてから洗濯すればOK。①から⑤の工程で油分が抜けているので、酸素系漂白剤も威力を発揮してくれますよ。

 

この記事のここがミソ!

・服についた口紅汚れは、油を溶かす性質のもので落とす!

・外出先でついたら、ハンドソープを使ってすぐに応急処置を

・時間が経った口紅のシミは、洗濯前にクレンジングオイルか台所用洗剤を使って下処理する

メイクが決まって気分もアップ!のはずが、服に口紅がついてしまうと一気にテンションもダウンしてしまいますよね。でも、この落とし方を知っていれば、お気に入りの服だったのにもう着られない…ということもなくなります。

白やパステルカラーなど明るい色の洋服が着たくなる、これからの季節。口紅汚れを心配せず、思いきりオシャレを楽しんでください!

 

  • Facebook
  • Twitter
ミソシル編集部

この記事をかいた人

ミソシル編集部

第2のお母さんとなって、育児や家事をサポートする”おせっかいな”ご家庭サポート「東京かあさん」によるWEBメディア『ミソシル』は、働く女性や子育て中のママたちに役立つ情報やニュースをお届けします。