暮らしのミソを知る情報メディア「ミソシル」by東京かあさん

東京かあさんによる情報発信メディア

東京かあさんによる情報発信メディア

ベビーシッターを家に上げるのが不安…カメラを設置するメリットと注意点とは

2022.5.25

ベビーシッターを家に上げるのが不安…カメラを設置するメリットと注意点とは

yuzuko

この記事をかいた人

yuzuko

小学生の2人の子どもを育てながら、ライターとして仕事をするズボラ母です。日々、どれだけ楽に料理や洗濯を終わらせられるかを考えています。同じくズボラなお母さんたちに、少しでもタメになる情報を届けていきたいです♪

  • Facebook
  • Twitter

ベビーシッターの利用をしてみたいけど、知らない人を家に入れるのは不安。子どもと知らない人を2人きりにするのは抵抗がある。そんな風に、ベビーシッターの利用を躊躇しているママやパパも多いですよね。今回はそんな悩みを解消するために、自宅に見守りカメラを設置するメリットや、カメラの選び方についてご紹介します。

ベビーシッターを家に入れるのが不安ならカメラを設置して

海外では一般的に利用されているベビーシッターですが、日本ではまだまだベビーシッターに対するハードルが高いのが現状です。数時間預けるだけでもある程度の費用がかかってしまうので、保育園や託児所と比べて贅沢なサービスだと感じているママやパパも多いですよね。

でも最近では国によるベビーシッター利用料の助成などもあり、ベビーシッターに対する認知度も上がってきています。それでもやっぱり、知らない人を家にあげて、子どもと2人きりにするのは不安という方も少なくありません。

そんな方におすすめなのが、見守りカメラの設置です。カメラでシッターさんと子どもの様子を確認して、ベビーシッターサービスを安心して利用しましょう。

見守りカメラを設置するメリット

ベビーシッターに自宅でのお留守番をお願いする際、不安を解消してくれる見守りカメラ。実際に見守りカメラを設置すると、どのようなメリットがあるのかをご紹介します。

防犯対策になる

見守りカメラを自宅に設置しておくと、ベビーシッターとのトラブルを上手に回避することができます。

例えば家にあるものが無くなったり、家のものを勝手に使われている形跡があったりしたら、普段から家に出入りしているベビーシッターを疑いたくなってしまいますよね。

でも事前に見守りカメラをしっかりと設置しておけば、そんなトラブルや不安を解消できるのです。

子どもとシッターさんの過ごし方を確認できる

ベビーシッターに子どもを預けている時間、どんな様子で過ごしているのか気になるママやパパも多いですよね。保育園や託児所とは違いシッターさんと子どもが2人きりで過ごしているので、きちんと預かってもらえているか気になる気持ちもわかります。

特に喋れない年齢の子どもを預ける際は、子どもからシッターさんの様子や過ごし方を聞くことができないので、見守りカメラがあると安心です。

安全性の保護にも繋がる

ベビーシッターが帰宅した後、子どもの体に傷や怪我を見つけてしまったら、シッターさんが何かしたの?と疑ってしまいますよね。

でも見守りカメラを設置していれば、何による傷なのかを保護者がすぐに確認することができます。外国ではベビーシッターが喋れない子どもに虐待行為を行い、見守りカメラで発覚したという事件もありました。

子どもの安全性をしっかりと守るためにも、見守りカメラをわかりやすい位置に設置しましょう。

カメラから話しかけることもできる

最近のカメラは、マイクとスピーカー付きで、カメラを通して会話ができるものもあります。このタイプの見守りカメラであれば、ママやパパの手が空いた時間に、子どもとの会話を楽しむことができますね。

カメラを見ていて何か危険なことに気づけば、カメラを通して「危ない!」と声をかけることも可能です。コストを抑えて見守りカメラを選びたい場合は、一方的に声をかけられるものもあるので、チェックしてみてください。

見守りカメラを設置する際の注意点

ベビーシッターをお願いする際にカメラを設置したい場合、注意したい点がいくつかあります。気をつけないとトラブルに繋がる恐れもあるので、しっかりと確認してからカメラを設置するようにしましょう。

シッターさんや会社側にカメラの設置を伝える

ベビーシッターを迎える家にカメラを設置したい場合は、必ずサービスを提供している会社やシッターさん本人にカメラを設置していることを伝えてください。

ベビーシッターのサービスを受ける際の規約の中にカメラの設置について記載している会社も多いので、依頼の前にしっかりと確認しておくと安心です。

撮影した動画や画像をインターネット上で公開しない

見守りカメラで撮影したシッターさんの動画や画像を、勝手にインターネット上で公開するのは絶対に止めましょう。肖像権の侵害になる恐れがあります。見守りカメラはあくまでも子どもの様子を見守るためのカメラなので、それ以外の目的で使用するのはNGです。

子どもの様子をSNSなどに上げたいと思う方もいるかも知れませんが、少しでもシッターさんが映り込んでいる場合には、投稿しないようにしてください。

プライバシーを侵害する場所には設置しない

いくらベビーシッターの様子を見るための見守りカメラと言っても、トイレや脱衣所などのプライバシーを侵害する場所への設置は絶対に止めましょう。特にトイレはシッターさんが使用する可能性が高いので、犯罪に問われてしまう可能性もあります。

見守りカメラはリビングなど長時間過ごす場所に設置し、シッターさんにはどこにいくつのカメラがあるのかをきちんと伝えるようにしましょう。

シッターさんにカメラの設置をどう伝える?

ベビーシッターに留守番を任せるのが不安だからカメラを設置したいけど、伝えたらシッターさんの気分を害してしまうかも…。そんなふうに悩んでしまう方もいますよね。ベビーシッターを迎える際、カメラを設置していることを上手に伝える方法をご紹介します。

カメラの設置を推奨している会社も多い

ベビーシッターのサービスを提供している会社側としては、カメラの設置を歓迎しているところも多いです。ベビーシッターと会員の間で何かトラブルが起こった時に対応するのは会社なので、不要なトラブルを回避するためにも、見守りカメラを設置するよう推奨しています。

最近ではシッター自身が首元にカメラをつけて、ベビーシッターをしてくれるサービスもあるほどです。会社側も親も子どもの様子を常に見守ることができ、シッター本人も身に覚えのないトラブルに巻き込まれる事態を回避できます。

設置場所をきちんと伝えるだけでOK

ベビーシッターにカメラの設置を伝える際は、基本的に見守りカメラを設置している場所をきちんと伝えればOKです。シッターさんも子どもを預ける親の不安な気持ちを理解しているので、カメラの設置を不審に思う人はほとんどいません。

自分が信用されていないのかなと不安になるより、「何かあった時のためにカメラを設置してくれていた方がありがたい」という考え方のシッターさんも多いです。

もしもカメラの設置を断られるようなことがあれば、勤務態度に問題があったり、シッティング中にやましいことがあるのかもしれません。シッターさんや依頼する会社の変更も検討してみてください。

見守りカメラを選ぶポイント

ベビーシッターへの不安を解消するために、見守りカメラを設置したい。そんな方に、見守りカメラを選ぶ際のポイントを5つご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

クラウド録画ができるネットワークカメラがおすすめ

ベビーシッターを利用する際に見守りカメラを設置するなら、クラウド録画ができるカメラを選ぶのがおすすめです。クラウド録画とは、クラウド上に撮影データを保存することで、スマホやパソコンなどインターネットに接続できるデバイスからリアルタイムでデータを確認できます。

防犯のためのカメラなら後から確認できればOKという方もいるかもしれませんが、子どもの様子が気になった時にすぐに確認できるのは大きなメリットになりますよね。

クラウド録画は別途契約が必要なので、サービスを比較して自分のスタイルに合ったものを選んで見てください。

マイク付きで会話ができる

マイクとスピーカーの付いたカメラであれば、カメラを通して子どもやシッターさんと会話をすることもできます。何か気になることがあったり、シッターさんに伝えたいことがあったりする時には、リアルタイムで声を伝えられるのでとても便利です。

カメラを通してママやパパの声を聞くことができれば、お留守番をしている子どもも嬉しくなりますよね。仕事中にカメラを見たり会話をしたりする余裕が作りやすい方は、会話ができるカメラを選んでみてはいかがでしょうか。

画質のよさも重要

せっかく見守りカメラを設置しているのに、画質が悪いとカメラの向こうの様子がよくわからないことも。防犯や安全のために設置しているカメラですから、画質が良く、シッターさんと子どもの動きが鮮明にわかるものを選ぶのがおすすめです。

首振り機能がついていると安心

見守りカメラを1箇所だけに設置していると、子どもやシッターさんが場所を移動してしまい、姿が見えなくなってしまうこともあります。常に見守り機能を発揮するためには、首振り機能がついているカメラを選ぶようにしましょう。

スマホから上下左右の動きを操作できるものや、360度ぐるりと室内を見回せるものもあります。子どもの移動範囲を考えて、自宅の広さに合ったカメラを検討してみてください。

暗視モードがついている

夜間のベビーシッターをお願いする場合は、子どもが寝た後の様子も確認できる暗視モード付きがおすすめです。寝かしつけをした後部屋を暗くすると、子どもやシッターさんの様子がわからなくなってしまいます。

ベビーシッターに夜間保育や、泊まりでの育児をお願いしたい方は、暗視モード付きのカメラをチェックしてみてください。

東京かあさんはもちろんカメラの設置もOKです!

東京かあさんでは、見守りカメラを設置したい希望があった場合、担当のお母さんが了承すれば設置していただいてOKとなっています。

基本的にお母さんの方からお断りすることはなく、お母さんの中には「見守りカメラを設置してくれた方が安心」という声も多いくらいです。

ちょっぴりおせっかいなお母さんに、家事も育児もお任せできる東京かあさん。家族の一員のように信頼できる存在ですが、慣れるまではやっぱり不安もありますよね。ぜひ見守りカメラを活用して、お互いに信頼関係を築いていきましょう♪

1分でわかる!東京かあさんってこんなサービス

  • Facebook
  • Twitter