暮らしのミソを知る情報メディア「ミソシル」by東京かあさん

東京かあさんによる情報発信メディア

東京かあさんによる情報発信メディア

家事代行のメリットやデメリットとは?利用前に知りたいポイントを解説

2022.2.24

家事代行のメリットやデメリットとは?利用前に知りたいポイントを解説

ゆずぽんず

この記事をかいた人

ゆずぽんず

知育オタクの私、筋トレ奮闘中の夫、元気すぎる娘、元野良のにゃんこの3人+1匹家族。お掃除大好き!いつでも人を呼べる家を目指して、毎日せっせと断捨離と掃除に取り組んでいます!

  • Facebook
  • Twitter

便利で人気のある家事代行サービスには、利用者にとってメリットがいっぱい!でも、デメリットの部分も気になりますよね。もしトラブルが起きたらどうしよう…と不安を抱えている方もいるのでは。安心して家事代行を利用するためにも、具体的なメリットやデメリット、そしてトラブルの解決策を知っておきましょう!

健康的でストレスフリー◎家事代行サービスのメリット5選

家事代行の魅力は、なんといってもメリットが大きいところ! では、その内容をチェックしてみましょう。

時間と体力に余裕ができてハッピーに

家事代行に依頼することで、家事に追われていた時間をカットすることができます。それに伴って家事をする体力が抑えられ、「あれもこれもしなければ…」と気疲れする場面も減るでしょう。おいしい手料理を食べる、きちんと掃除された部屋で過ごすというだけでも、気持ちが自然と明るくなりますよ!

家事代行に頼めば栄養のある食事で健康に!

普段あまり料理をしない人は、ついレトルト食品やコンビニに頼ってしまうことも多いのでは。そうした生活習慣は、やはり健康面が心配ですよね。

家事代行で栄養たっぷりの手料理を作ってもらえば、健康的な生活を取り戻すことができます! スタッフが不在の日は、用意してもらった作り置きおかずでカバーしている方も多いですよ。

夫婦間の衝突が減って家庭円満に!

家事を第三者に任せることで、「どうして私ばっかり家事をしないといけないの?」といったストレスを減らすことができます。「そっちが掃除してよ!」といった夫婦喧嘩も防げるので、「わが家の夫婦円満の秘訣は家事代行!」なんて家庭も見受けられます。

仕事のオン・オフを切り替えやすい!

「帰ったらご飯が用意されている」と思うと、仕事のモチベーションがアップするはず。週末は自分の好きな時間を過ごせるので、何をするか考えるだけでワクワクするでしょう。「週末はたまった家事をしないと…」「帰ったら晩御飯作りか…」といったブルーな気持ちが吹き飛びますよ!

家事代行スタッフの技を盗む!

派遣される家事代行スタッフは、家事が得意な人ばかり。サービスを受けているなかで、「こうやれば上手く収納できるんだ!」「隠し味ひとつでこんなにおいしくなるなんて!」と発見することも珍しくありません。

「仕事中にコツを聞くのは気が引ける…」という方は、ご近所にもうひとりのお母さんを持てるサービスである「東京かあさん」がぴったり! 本当のお母さんと話す感覚で質問できるので、家事のポイントをたっぷりと伝授してもらえますよ!

利用前に知っておきたい!家事代行のデメリットとは?

メリットの次に、気になる家事代行のデメリットの部分もみていきましょう!

家事代行の利用にかかるコスト

サービスを利用する以上、それにかかるコストはどうしても発生してしまいます。利用する前に、オプションを含めた金額や年間を通した費用を計算しておきましょう。

プライバシー面が気になる

家事代行を依頼すると、必然的に知らない人を自宅に招き入れることに。家庭の事情や自宅の内側を知られることに抵抗がある方は、プライバシー面が気になるでしょう。とはいえ、海外では家政婦がいる家庭が多いので、価値観の問題といえるかもしれません。

トラブルが起きるリスクがある

故意・過失にかかわらず、利用中に「大事なものを失くされてしまった」「家具に傷が付いた」といった事態が起こるリスクがあります。金銭的な保障があったとしても、メンタル面まではカバーできないのが難点です。

メリット・デメリットから分かる!家事代行サービス利用のコツ

デメリットのなかでも、とくに不安の声が多いのがトラブル関係。「利用してみたいけれど、トラブルになるのが怖い…」「家事代行って危険じゃないの?」と、契約を迷っている方もいるかもしれませんね。

でも大丈夫! 事前にしっかり対策をしておけば、安心して家事代行サービスを利用できますよ!

仲介スタッフがいる家事代行に依頼する

「改善点を言いたい!」「ほかのスタッフと変えてほしい」といった場合、スタッフに直接言うのは気が引けるもの。かといって、ずっと我慢し続けるのもイヤですよね。

そんなときに心強いのが、仲介スタッフの存在。ダイレクトでは言いにくいことを伝えてもらったり、ほかのスタッフを探してもらったりと、こちらの要望をストレスを感じることなく申し出ることができます。

保険に加入している家事代行業者を選ぶ

損害賠償保険に加入している業者なら、万が一スタッフが家財を損壊・盗難した場合に保険金を受け取ることができます。東京かあさんも、もちろん加入していますよ!

守ってほしいことをリストアップしておく

必ず把握しておいてほしい点は、口頭ではなく書面で伝えるとより安心です。取り扱いが難しい家具や家財がある場合は、「この置物には触らないで欲しい」「この家具は水拭きしないで」などと告げておきましょう。

防犯対策は万全に

盗難防止のため、貴重品は金庫のなかへ入れておきましょう。ダミーでもいいので、カメラを設置しておくのもいいですね。

こんなときどうする?家事代行で困った時の対処法を解説

しっかり対策したけれど、家事代行サービスの利用中に問題が起きてしまった…! そんなときは、以下の解決方法を試してみてくださいね。

金銭的な負担を減らすならプランの見直し

金銭的な事情で継続が難しくなったら、利用しているプランを見直してみましょう!自分にとってメリットのあるプランや、利用状況にあったプランを選べれば、コストを抑えられます。

対処法①家事代行の利用ペースを落とす

一時的でもいいので、利用頻度を減らして費用を抑えてみましょう。自分でできそうな家事を自力で行ない、1回あたりの利用時間を短縮する手もありますよ。

対処法②不要なオプションをカットする

意外とかさんでしまいがちなオプション料金も、この機会に見直してみては。「念のため鍵を預かってもらっていたけど、実際は留守のときがない」というときは、鍵の預かりサービスを休止するのもいいですね、

また、なかには延長料金がかさんでいるケースも見受けられます。延長料金は、通常料金より割高であるケースがほとんど。作業時間が足りず延長することが多い場合、契約プランを見直してみましょう。

対処法③家事代行サービスの乗り換えを検討する

家事代行サービスの相場は、1時間あたり2,000~3,000円ほど。この基準を大きく上回っているのなら、ほかの業者に切り替えたほうがお得になる可能性があります。今と同じ利用条件で、他の業者だとどのくらいの料金になるのか比較してみましょう。

家事代行のサービス内容に納得できない

利用しているうちに、ちょっとしたモヤモヤを感じることもあるはず。そんなときは、我慢せず以下のような手段を試しましょう!

対処法①家事代行のどこに納得できないか明確にする

「頼んだことができていない!」「これもお願いしたいと言ったら断られた」といった不満がある方は、まずその理由を聞いてみましょう。もしかすると、「時間が足りず、希望の品数のおかずが用意できなかった」「高い場所での作業は危険だからできない」といった背景があるのかもしれません。相手側の事情が分かれば、こちら側も納得しやすいでしょう。

対処法②要望を具体的に伝える

家事をしてもらうなかで気になる点があったら、家事代行スタッフに直接伝えましょう。ポイントは、要望をできるだけ具体的に説明すること。「ちゃんと掃除して」「料理がまずい」より「ここも掃除機をかけてほしい」「もっと薄味がいい」といった伝え方のほうが、すぐに改善してもらえるでしょう。

また、不満点ばかり並べると、相手のモチベーションが下がってしまいます。先に「いつもありがとうございます」と伝えたうえで、「こうしてくれるともっと嬉しい」と添えてみてくださいね。もちろん、マネージャーに相談するのもOKです!

対処法③家事代行以外の専門業者と使い分ける

家事代行サービスの範囲外のことは、専門業者にお願いしましょう。たとえば…「エアコンの内部を掃除してほしい」という方はハウスクリーニング、「庭の暫定をしてほしい」という方は植木屋さんへ。日常的な家事とそれ以外の範囲を使い分け、目的に合った業者を選ぶとスムーズです。

デメリットが少ない!安心のサポートなら「東京かあさん」

いくつかのデメリットはあるものの、それを上回るほどのメリットがつまっている家事代行サービス。「デメリットを最小限に抑えて利用したい!」という方は「東京かあさん」がおすすめです!

というのも…東京かあさんの人気の秘訣は「利用者の方への徹底したサポート」! 定額制・リーズナブルな価格設定・運営スタッフの仲介・カウンセリングと無料体験の実施など、安心して利用できるためのサービスを提供しています。

だからこそ、デメリットや安全面を気にしていた方からも多く選ばれている「東京かあさん」。もちろん、「ほかの業者を利用中だけど不満があって…」という方も大歓迎です! まずは質問だけでもいいので、お気軽にお問い合わせください!

  • Facebook
  • Twitter