暮らしのミソを知る情報メディア「ミソシル」by東京かあさん

東京かあさんによる情報発信メディア

東京かあさんによる情報発信メディア

家事代行とハウスクリーニングってなにが違うの?技術と料金の差を見比べよう!

2022.2.24

家事代行とハウスクリーニングってなにが違うの?技術と料金の差を見比べよう!

ゆずぽんず

この記事をかいた人

ゆずぽんず

知育オタクの私、筋トレ奮闘中の夫、元気すぎる娘、元野良のにゃんこの3人+1匹家族。お掃除大好き!いつでも人を呼べる家を目指して、毎日せっせと断捨離と掃除に取り組んでいます!

  • Facebook
  • Twitter

家の掃除をしてくれる業者といえば、家事代行やハウスクリーニングが挙げられます。では、両者の違いはどこにあるのでしょうか。技術と料金の違いを知れば、自分の目的に合ったサービスが見つかるはず!それぞれのメリットや注意点を踏まえて、うまく使い分けるのもいいですね!

【技術面】 家事代行とハウスクリーニングの違い

家事代行とハウスクリーニングの業者は、どちらも同じ「家の掃除」というサービスを提供しています。しかし、それぞれの技術や費用には大きな差が。まずは、技術面の差をみてみましょう。

家事代行は「日常的な掃除」

家事代行は、家事全般をスタッフが代わりに行なうサービス。掃除は提供しているサービスの一部であり、専門というわけではありません。

そして、多くの業者では主婦の方が活躍しています。なかには、掃除に関する資格や、清掃員などの経験がある人も。また、掃除に関する研修を行なっている業者も存在します。

とはいっても、掃除の技術はあくまでも普段の家事レベル。サービスの範囲としては、水回りの掃除・掃除機がけ・机などの拭き掃除といった日常的な掃除のみとなっています。また、高い場所など危険があるエリアには対応していません。

ハウスクリーニングは「現状回復」

その一方、ハウスクリーニングは掃除に特化した専門業者です。専門的な研修を受け、多くの経験をもつ掃除のプロたちが在籍しています。

掃除の技術も、もちろんプロレベル。使用する洗剤や道具は、一般的には販売されていない業者用のものを使っています。綺麗にするというよりも、新品・新築に近い状態を目指して作業を行なっているのです。

そのため、今まで諦めていた頑固なカビや汚れが、プロの手によって落ちることも! ハウスクリーニングなら、こうした「自分では手が届かない場所」や「自力では落とせない汚れ」をまとめて依頼できます。

【費用面】 家事代行とハウスクリーニングの違い

高い技術力をもつハウスクリーニングですが、やはりそれだけのコストがかかります。家事代行と比べると、どのくらいの差がみられるのでしょうか。

家事代行の相場は1時間2,000~3,000円

家事代行は時間制が主流で、その相場は1時間2,000~3,000円ほど。単発で依頼する場合は、これよりもやや割高になります。

なお、東京かあさんの場合は、月に4回以内・10時間以内の「レギュラーコース」で月額24,200円(税込)。月に2回以内・5時間以内の「ミニマムコース」なら月額13,200円(税込)です。

そのほか、ほとんどの家事代行業者ではスタッフの交通費が平均1,000円ほど。鍵を預かってもらう場合の預かり代も、平均1,000円ほどかかります。東京かあさんは相場より安く、訪問費として1回あたり一律700円(税込)、鍵の預かり代として月額770円(税込)をいただいています。

ハウスクリーニングはケースバイケース

時間制がほとんどである家事代行にくらべ、ハウスクリーニングはケースバイケース。掃除をする場所や部屋の広さによって、料金は大きく異なります。では、それぞれの相場をみてみましょう!

部屋の広さごとに見た相場

部屋の広さに比例して、相場もアップしていきます。

1K・1R…18,000~21,000円
1DK・2K…21,000~25,000円
1DK・2DK…28,000~31,000円
3LDK・4DK…42,000~45,000円
4LDK・5DK…46,000~49,000円

ただし、これは空室の場合の料金です。居住中の場合は家具の移動・部屋の養生などの手間が発生するため、上記より2~5割ほどアップした費用になります

また、ハウスクリーニングは引っ越しシーズンである3月頃と、エアコンの使用が集中する夏と冬が繁忙期といわれています。そのため、その時期は通常よりも値段が高くなる傾向に。一方、閑散期である秋は通常より安くなる可能性があります。

水回りパック

キッチン・お風呂・洗面所・トイレは、「水回りパック」としてセットで扱われているケースが多いです。すべての水回りが含まれているパックもあれば、自分の希望するところを選ぶことも。1箇所ずつ依頼するより、まとめて申し込んだ方がお得になります。

料金の相場は、キッチン・お風呂・洗面所・トイレのセットで15,000~40,000円ほど。レンジフードや換気扇もセットに追加する場合、20,000~30,000円ほど上乗せされるでしょう。

レンジフードや換気扇

レンジフードや換気扇は、家の中でもとくに素人が扱いにくいエリア。油汚れで全体的にベタベタしているうえ、高い位置にあるので手を伸ばすだけでも一苦労です。

そのため、ここだけを指定して掃除してもらう方も多く見受けられます。具体的な掃除箇所は、レンジフードカバー・フィルター・プロペラ(ファン)・溝・照明・内部の壁面など。作業の際はしっかり養生してくれるので、周囲が汚れる心配はありません。

料金は換気扇のタイプによって異なりますが、だいたい10,000~20,000円の範囲内におさまります。ちょっと大がかりな作業ですが、半日ほどで終わりますよ。換気扇の吸引力が回復する、レンジフード内の劣化を予防できるといったメリットも嬉しいですね!

エアコン

エアコンは機種(性能)によって料金が左右されます。一般的なものは9,000円前後ですが、高機能タイプだと15,000円前後になることも。エアコンにお掃除機能が搭載されている場合は、少し高くなると捉えておきましょう。

また、家庭用の埋め込みタイプは10,000円ほどプラスされるのでご注意を。2台目以降は割引が適用されるので、まとめてお願いしてコストを削減するのもいいですね。

床のクリーニング・ワックスがけ

床は摩擦によって、毎日少しずつダメージを受けています。そのため、定期的にクリーニングやワックスがけをして、きれいな状態を取り戻すことが大切。料金は広さによって異なり、6畳あたりだと9,000~15,000円ほどが相場です。床の素材によっては追加料金が発生するため、実際に業者に来てもらい見積もりをしておきましょう。

ハウスクリーニングで掃除を頼むメリット

家事代行よりコストがかかるものの、高い技術面を誇るハウスクリーニング。具体的には、どういったメリットがあるのでしょうか。

細かい部分も分解して徹底的に

エアコンやレンジフードの内部、水道の配管内などのエリアは、素人が掃除するには限界があります。そんなときこそ、豊富な知識と経験をもつプロにお任せ! 細かい部品も手際よく分解・洗浄し、もとの位置に戻していきます。一般の掃除グッズでは手が届かない内部の汚れも、きれいさっぱり落としてくれますよ

たとえば、お風呂の追い炊きに使用する配管内。実は、内側には汚れがびっしりとこびり付いていることも珍しくありません。そんな外から見えない汚れも、専用の機材を使用して徹底的に洗い出してくれます。

車庫や庭・ベランダの掃除をしてくれる業者も

室内だけでなく、車庫や庭・ベランダに対応している業者もあります。ブラシやパット、ポリッシャーなどを使って、雨や土埃による汚れを取ってもらいましょう。

また、「カーポートの雨樋が詰まっている」「ベランダが鳥のフンで汚れている」といった悩みにも対応しています。自分で掃除するには危険な高いところも、業者の方にお任せすればOK。値段は面積や汚れのレベルによって異なるので、事前に確認しておくと安心です。

掃除道具を用意しなくてもいい

家事代行での掃除は、依頼者の家にある掃除道具を使用します。一方、ハウスクリーニングで使用する機材や洗剤は、基本的に業者が持参します。事前に必要なものを揃える必要がないので、準備の手間が省けますね。

除菌に対応しているケースも

最近では、感染症対策として除菌クリーニングを希望している人が増えています。それに伴い、除菌サービスを提供している業者も増加中! 専用の噴霧器材を使って、除菌・消臭効果のある薬剤を部屋の隅々まで散布してもらうことができます。

家事代行で掃除を頼むメリット

ハウスクリーニングと比べて専門性には差がありますが、家事代行ならではのメリットもありますよ!

綺麗な部屋をキープできる

ハウスクリーニングに比べて料金が安いぶん、定期的に利用しやすい家事代行サービス。だからこそ、月に数回利用して綺麗な部屋をキープすることができます。

ほかの家事も依頼できる

掃除だけでなく、料理や洗濯などの家事もまとめて依頼できます。特に、東京かあさんは「お母さんができることなら基本的に何でもOK」というスタンス。外れたボタンの修繕や子どもの宿題の見守りなど、日々のちょっとしたことも任せることができますよ!

留守中に掃除してもらえるケースも

鍵の預かりサービスを行なっている家事代行業者なら、留守中に掃除をしてもらうことも可能です。「帰ってきたら部屋がピカピカ!」という感動を味わえますよ! なお、ハウスクリーニングは「作業中は外出OKだけど、作業の初めと終わりは家にいてね」という場合が多いです。

家事代行orハウスクリーニング…悩んでいる人にオススメのプラン

ハウスクリーニングと家事代行を比較すると、それぞれのメリットに魅力を感じますよね。「どっちの業者にお願いしたらいいんだろう…」と悩む人は、シーズンごとに使い分けるという手もあります!

ハウスクリーニングを利用するタイミングとして人気が高いのは、大きく分けて4つ。「出産前」「年末」「引っ越し前」、そしてエアコンの使用期間の区切りとなる「季節の変わり目」です。これらのタイミングはハウスクリーニングで徹底的に、そして日常的な範囲は家事代行に掃除してもらうのはいかがでしょうか。

とはいえ、やはりコスト面が気になるハウスクリーニング。「掃除をメインにお願いしたいけど、ハウスクリーニングほどでは…」という方は、「東京かあさん」がオススメです!

その理由は、なんといっても対応の柔軟さ!「足りない掃除道具は買ってきて!」「余った時間で洗面所も掃除して!」なんてリクエストもOKです。高所作業などはできませんが、ベランダや庭の掃き掃除、ついでに花壇の水やりもできますよ。

リーズナブルな価格で臨機応変なサービスを提供しているからこそ、継続して利用しやすい東京かあさん。ハウスクリーニングの費用面が気になっている方、普段から綺麗な部屋をキープしたい方は、ぜひ東京かあさんにお声がけくださいね!

1分でわかる!東京かあさんってこんなサービス

  • Facebook
  • Twitter