暮らしのミソを知る情報メディア「ミソシル」by東京かあさん

東京かあさんによる情報発信メディア

東京かあさんによる情報発信メディア

「家事のやる気でないモード」が発動!その原因と自分に合った対処法は?

2022.2.24

「家事のやる気でないモード」が発動!その原因と自分に合った対処法は?

koba

この記事をかいた人

koba

澄んだ空気と鳥や虫の声に癒やされながら田舎生活をしています。冒険心がくすぐられるような旅行と、ふかふかの布団でネコとくつろぐ時間が大好き。

  • Facebook
  • Twitter

食事の支度、掃除、洗濯…。毎日、必要な家事も時には億劫になり、どうしても「やる気でない」モードになってしまうのは珍しいことではありません。しかし、そういった事態に焦ったり、不安を感じたり、自分を責めたりしてストレスを感じるのはイヤですよね。ここでは、家事にやる気が起こらなくなる原因や解決法、家事のストレスを溜めないコツをご紹介していきます!

自分を責めないで!やる気でない日は誰しもが通る道

仕事をしていても、していなくても、女性が家事を担う割合は、依然として男性よりも多いと実感している方は多いのではないでしょうか。毎日の家事にうんざりする、どうしてもやる気が出ない日は、誰にでもあるものです。

専業主婦でも、また家事が好きな人でも、時にやる気が出なくて億劫になることはあります。だからといって、自分を責める必要はありません。もしかすると、家事が出来ていないことに焦ったり後ろめたさを感じたりすることもあるかもしれませんが、やる気が出ない理由によっては無理をすることでさらに自分が辛くなることも。

まずは、家事にやる気が起こらない自分を責めるのはやめましょう。そして、リラックスできる姿勢でちょっと一緒にその理由を考えてみませんか。

「家事のやる気でないモード」はなぜ起こる?主な6つの原因

家事にやる気が出ない時、これは単なる気持ちの問題ではないこともあるようです。自分のコンディションや家事の仕方について振り返り、以下のポイントに当てはまるかどうか見てみましょう。

原因① 疲労の蓄積

ハードワークや睡眠不足、育児や介護などの両立など、家事だけに集中できない状況で頑張っている人は、もしかすると疲れがたまっているのかもしれません。当然ですが、疲れていれば何事にもやる気が出ないのは当然。身体が休みたがっているのに、無理矢理頑張ろうとすると辛いはずですね。

原因② ストレスの蓄積

これも、先程の「疲れがたまっている」と似ている部分がありますね。心配ごとが解決できずにイライラしていたり、不安を感じていたり、人間関係の悩みがあったり、疲れた身体が癒せない状況が続いているなどすると、ストレスがたまります。ストレスがたまりすぎると、家事に集中できなかったり、やる気が起こらなくなることもあるでしょう。

原因③ ホルモンバランスの影響

女性は、毎月の生理や加齢に伴うホルモンバランスの変化によって心と身体のコンディションが変わりやすいですね。こうした影響で、家事に対してのやる気が変わることも多々あります。

原因④ 家事タスクが多い

やらなければならないと思う家事が多ければ多いほど、億劫になってしまうこともありますよね。特に、休日にまとめて家事を行う家庭や、家事に携わる人が限られている家庭などでは、負担が大きすぎるという問題も出てくるでしょう。

原因⑤ 家事がキライ

家事全般がもともと苦手、あるいは嫌いな人にとっては、やりがいのなさからやる気が出なくなることも十分に考えられます。誰かに評価されることもほぼないため、やりがいのなさを感じるのも仕方のないことかもしれません。

原因⑥ ON・OFFの切り替えが上手くできない

特に、専業主婦など家事にあてる時間が確保しやすい人の場合、それ以外の時間とのメリハリがつけにくく自分の中でスイッチを上手に切り替えられなくなるケースもあります。

やる気が長期間でないなら…

家事に限らず、何事にもやる気が起こらなくて生活に支障を来す状態であれば、専門医のアドバイスや治療が必要な場合もあります。うつ病や、更年期症状などは、早めに医学のサポートを受けて早く治療にあたることで、そのぶん症状の進行や悪化を防ぎやすくなります。

うつ病といった、心からくる不調は決して珍しいものではありません。未だに、単なる気持ちの問題と捉える人もいますが、決してそうではなく、きちんとした治療が必要な病気であることを理解しましょう。もし、気分の落ち込みが続く、好きなことが楽しめない、何事にも興味がわかない、よく眠れないなどの症状がある場合は、ひとまず専門医への受診もおすすめします。

もっと気楽に!家事のウエイトを軽くする方法

いつまでも「やる気でないな…」とモヤモヤするのも、辛いものですね。治療が必要な病気が原因の場合は別として、その他の原因から家事にやる気が出ない時は、以下の方法を試してみては。

家事カレンダーを作成する

1週間単位でも、1ヶ月単位でも良いので、家事のカレンダーを作ってみましょう。自分なりに、毎日必要な家事とそうでない家事を分けて、ペースを決めるとやるべきことが整理できます。そして、1日のうちに行う家事のタイムスケジュールを組んでみると、メリハリも生まれやすくなりますよ。コツとしては、できるだけ短時間で終わるものから始めること。燃料切れによって多くの家事を残してしまうより、まずは簡単に出来ることを済ませてしまった方が気持ちも楽になるかもしれません。

適度に手を抜いてみる

常に完璧を目指していると、気持ちに余裕ができにくくなるもの。家事を長く安定的にこなすコツは、手抜きができる部分は手抜きをすること。例えば、毎日の掃除機がけを2日に1回にしてみるとします。落ち着かなければフローリングシートでサッと行う、お掃除ロボットを活用するなどすれば、少し手間が省けますよね。心の余裕が持てる範囲でやれるよう、ほんの少しの手抜きを増やしてみては。

家事タイムを決めてしまう

「あっちも、こっちも気になる…」と、ついついやりすぎてしまう人、いませんか?家族の食事や洗濯を毎日行っている人であれば、夕方や夜に行う家事も多いはず。そのぶん、日中は自分の休憩時間をきちんと設けてダラダラとやり続けないようにしましょう。また、1日で溜めてきた家事を全部やろうとするのではなく、こまめに手抜きをしながらでもコツコツとやってきた方が、結果としてラクにつながることはたくさんあります。

家事アイテムと環境で気分をアゲる

テレビなどで紹介されていた便利な道具や、自分好みのデザインの道具を使ってみると、テンションがあがりますよね。好きな音楽やラジオ番組を聞きながら、良い香りのアロマを焚きながらなど、居心地の良い環境を作ってみるのも良いでしょう。道具は使いやすく整理整頓しておくと、気持ちよく始めることができますよ。

無理は禁物!「家事のやる気でないモード」が長引くときは…

どうしても家事にやる気が出なくて困っているときは、以下の方法も試してみましょう。

心と体に休息を

まずは、自分の心と身体を、自分なりの方法で休めましょう。家でのんびり過ごすのも良いですし、外出や趣味に没頭するのも良いですね。今の生活を客観的に見て、無理しすぎていないか振り返り、改善できる方法を探すことも大事です。もちろん、生理中など体調を崩しやすい時期には無理をしないこと、更年期症状が疑われるなら専門医に相談することもおすすめです。

毎日の生活習慣を見直す

心と身体を休める、という部分にも重なりますが、普段からベストなコンディションでいることは、家事のやる気を引き出すのにも重要なポイントとなります。栄養バランスのとれた食生活を送っていますか? 適度に運動ができていますか? きっと、多くの方が「本当はもっと気を付けたいんだけど、できていない」と答えるのではないでしょうか。体調を整える基本的な部分、つまり食事や運動、睡眠、規則的な生活を整えることは、元気な身体と心を作ことにもつながります。元気な身体と心が、家事のやる気を引き出すパワーになることでしょう。

悩みを打ち明ける

「やる気でないな」と1人で悩み続けるよりも、家族や友人に相談した方が気持ちがラクになるかもしれません。話すということだけで何となく気分がスッキリすることもありますし、家族の協力を得られやすくなるというメリットも。特に専業主婦の方や子育てで忙しい方は、外出をして誰かに会うということがリフレッシュやストレス解消につながることも多いです。

第三者に協力してもらう

家事は1人で全てこなす必要はありません。家族がいれば協力し合うことも大事です。また、家族の協力が難しい場合は、家事代行サービスなどを利用するという方法もあります。

家事代行サービスの利用は、決して特別な家庭だけが利用するものではありません。利用頻度や時間によっては、お財布に優しい範囲内で利用できるところもたくさんあります。「ちょっと最近しんどいな‥」と感じたら、期間限定のつもりで利用してみても良いでしょう。

第2のお母さんがサポート!家事でお悩みなら「東京かあさん」

東京かあさんは、家事代行の枠にとらわれない、第2のおかあさんに頼れるサービスです。人生経験を積んだ熟練のお母さん達が、ちょっぴりお節介をやきながら色んな手助けをしてくれます。とっても分かりやすい料金設定で、利用にあたっては仲介会社を通すため安心。まるでふるさとのお母さんがすぐ近くにいるような感覚で、第2のお母さんがあなたの生活をサポートします。

身も心も軽くなる!東京かあさんはメリット尽くし◎

東京かあさんでは、基本的に担当のお母さんが出来る範囲のお手伝いを広くお願いすることができます。家事にやる気が出なくて困っている家庭では、家事のサポートを受けることで負担を軽くすることができるでしょう。

こうすることで、自分が行う家事の時間を短縮でき、そのぶん自由な時間を満喫したり、リフレッシュにあてることができます。家事に対して苦手意識がある人や、もっと上手になりたいと思う人であれば、ノウハウを教えてもらいながら一緒に行うのも良いですね。悩みごとがあれば、担当のお母さんが話し相手になってくれるため、心もきっと軽くなるでしょう。

外部サービスに頼ってOK◎自分に合った家事スタイルを見つけよう

家事に「やる気でないな」と悩む人はたくさんいます。まずは、やる気が出ない原因を探して自分に合った解決方法を試していきましょう。やる気が出ない日が長く続くようであったり、日頃の家事の負担を軽くしたいのであれば、外部のサービスを利用するのも1つの方法です。上手に活用しながら、心と身体の健康を守っていきましょう!

  • Facebook
  • Twitter