暮らしのミソを知る情報メディア「ミソシル」by東京かあさん

東京かあさんによる情報発信メディア

東京かあさんによる情報発信メディア

トイレの換気扇掃除はどのくらいの頻度でするべき?業者に頼まなくてもできる?

2021.6.30

トイレの換気扇掃除はどのくらいの頻度でするべき?業者に頼まなくてもできる?

ミソシル編集部

ミソシル編集部

  • Facebook
  • Twitter

トイレはいつも清潔に‥とこまめな掃除をしている方は多いでしょう。しかし、手入れを怠りがちなのが換気扇。つい、面倒だからと放置していませんか?そもそも掃除の仕方を知らない方もいますよね。ここでは、トイレの換気扇を掃除するおすすめの頻度や、そのやり方についてご紹介します。

トイレの換気扇掃除を放置するとどうなる?

トイレの換気扇は、ずっと回し続けていた方がメリットが大きいと言われることがよくありますね。これは、トイレにこもる臭いを軽減する上でとても重要だからです。しかし、換気扇の掃除をしないまま使っていると当然、ホコリがたまって、本来の換気扇の役割が十分に発揮できず、臭いがこもってしまう原因になります。

また、ホコリが溜まることで換気がしにくくなると、湿度が高くなり黒カビの繁殖リスクが高まります。ホコリが溜まることで換気扇そのものの故障にもつながりやすくなります。

トイレの中は、意外とホコリがたまりやすい場所。洋服の繊維や、トイレットペーパーから出たホコリなどが関係しています。換気扇のカバーだけでなく、換気扇の内側にもホコリは知らず知らずのうちに溜まるため、臭いがこもって不快な思いをしなくて済むように、定期的に掃除をしましょう。

トイレの換気扇の掃除、頻度はどのくらい?

トイレの換気扇は高く手の届かない位置にあるため、どうしても掃除が面倒になってしまいますよね。だからこそ、その頻度が気になる方も多いのではないでしょうか。トイレの換気扇は、できれば1か月に1回、長くても2~3か月に1回のペースで行うことをおすすめします。1年も放置していれば、内側にもびっしりホコリがたまり、換気不十分となってしまう家庭が多いです。

これはあくまでも目安ですので、ホコリが溜まりやすいなと感じるのであれば、こまめに掃除するに越したことはありません。

 

トイレの換気扇掃除は自分でできる?業者に頼んだ方が良い?

トイレの換気扇の汚れは主にホコリです。そのため、キッチンの換気扇のように油で苦労することはなく、汚れそのものを落とすのはさほど難しくありません。しかし、高い位置にあるため、脚立や足台を使って作業する必要はあります。

脚立などにのぼっての作業が難しい場合や、換気扇内側の汚れがひどく自信がない場合などは、業者さんに頼んでも良いかもしれませんね。また、換気扇の内側まで綺麗にしたい場合、プロペラを外すこともあるかもしれません。換気扇の種類によってはプロペラが配線と繋がっているものもありますので、慣れていない方は注意が必要です。

 

トイレの換気扇を掃除する方法

それでは、トイレの換気扇掃除の手順を見ていきましょう。まず、用意するものは以下の通りです。

・脚立か足台
・掃除機
・雑巾
・マスク、ゴーグル等目を守るもの
・ドライバー(必要に応じて)

手順1 カバーを外しホコリをとる

まず、換気扇のスイッチを切り、脚立等を使って換気扇カバーを外します。便座のふちに立って外すのは、とても危険なのでおすすめしません。便器そのものが破損する恐れもあります。カバーは、多くの場合手で外すことができますが、中にはネジ止めされているものもあるため、必要であればドライバーを準備しておきましょう。

そして、大まかに換気扇カバーに付着したホコリを掃除機で吸いとり、取りきれない部分は雑巾を使って綺麗にします。

手順2 換気扇内側のホコリをとる

換気扇内側にも、意外とホコリが溜まっているものです。目につく部分のホコリがとれれば十分ですので、簡単に済ませたい場合はそのまま雑巾等を使ってホコリを取り除きます。歯ブラシやハンディタイプの掃除機を使うのもおすすめ

もっと念入りに掃除したい場合は、プロペラを外して洗うことも可能。その場合は、ドライバーを使ってネジ止めを外す必要があります。プロペラは中性洗剤を使って丸洗いするとスッキリします。ただし、メーカーによって換気扇が外しにくいタイプもあるため、無理は禁物です。

手順3 カバーを元に戻す

綺麗に洗い乾燥させたカバーを元に戻して終了です。この時、換気扇掃除を日頃から楽にしたい場合は、換気扇用のフィルターを貼っておくと便利。次回からの掃除がとっても楽になりますよ。

 

換気扇掃除を楽にしたい時はコマメに行うのが一番

換気扇の掃除がとにかく面倒くさいと感じる方こそ、こまめな掃除をおすすめします。「面倒くさいんだからこまめに出来るわけがない」と思われるかもしれませんが、これが出来れば換気扇掃除の手間自体は少なくなるため、そのぶんハードルも低くなります。

やり方はとてもシンプル。トイレ用のシートクリーナー等を使って、カバーのホコリをさっと拭き取るだけでOK。ここさえこまめに掃除していれば、換気扇内部にたまるホコリは防ぐことができます

 

この記事のココがミソ!

・換気扇掃除を怠ると嫌な臭いがこもりやすくなる

・換気扇の汚れのほとんどはホコリ

こまめな掃除が手間を激減させる

今回は、トイレの換気扇掃除の頻度ややり方についてご紹介しました。毎日誰もが何度も使うトイレは、いつでも気持ちの良い状態で維持したいものです。換気扇は手の届かない面倒な場所にありますが、さっとひと拭きすることを習慣化すればさほど手間のかかる掃除にはなりません。トイレ掃除の際には、換気扇カバーをひと拭きしてみましょう。

 

  • Facebook
  • Twitter
ミソシル編集部

この記事をかいた人

ミソシル編集部

第2のお母さんとなって、育児や家事をサポートする”おせっかいな”ご家庭サポート「東京かあさん」によるWEBメディア『ミソシル』は、働く女性や子育て中のママたちに役立つ情報やニュースをお届けします。