暮らしのミソを知る情報メディア「ミソシル」by東京かあさん

東京かあさんによる情報発信メディア

東京かあさんによる情報発信メディア

夏休みの昼ごはんがめんどくさい!時短のコツや簡単に作れるレシピまで解説

2024.7.5

夏休みの昼ごはんがめんどくさい!時短のコツや簡単に作れるレシピまで解説

つのぴー

この記事をかいた人

つのぴー

都内在住のフリーランスのライターです。おばあちゃん子で介護をしていたので、料理や家事をするのが学生の頃から好きになりました。男性目線での家事の楽しさやお悩み解決法を記事を通して伝えていきたいです♪

  • Facebook
  • Twitter

夏休みの昼ごはん作りがめんどくさいと感じたときには、簡単レシピの料理を作ったり、時短のコツを押さえたりすることが有効です。

昼ごはん作りのめんどくさいを解消できれば、余裕を持って家族との時間を過ごせたり、毎日のストレスを軽減したりできます。

レシピや時短のコツから、家事負担を軽減できる家事代行サービスまで、昼ごはん作りの悩みを解決する方法をさまざまな視点からみていきましょう。

準備が大変!夏休みの昼ごはんを負担に感じている方は8割

約1ヶ月にも渡る子どもの夏休みは、ゆっくり家族の時間を過ごせる反面、いつもより家事負担が増えてしまいます。

特に、普段は学校給食があるため作らなくて良かったお昼ごはんに頭を悩ませている方は多いはずです。

講談社が運営するメディア、コクリコの「夏休みのごはん作りの負担」によると、約8割もの方が夏休みの昼ごはん作りが負担になっていたり、めんどくさいと感じているという結果が出ています。

そんな夏休みの昼ごはん作りの「めんどくさい!」は、時短のコツや簡単なレシピを押さえたり、便利なサービスを活用したりすることで解消可能です。

それぞれ具体例を紹介していくので、夏休みの昼ごはん作りで困っている方は参考にしましょう。

めんどくさいを解決!夏休みに時短で昼ごはんを作るコツを紹介

夏休みの昼ごはん作りを少しでも早く終わらせて、自分の時間を作ったり、家族で出かけたりしたいと思っている方は多いはずです。そこで、「めんどくさい」を解消できる時短のコツをみていきましょう。

1.時間のあるときにまとめて作り置き

夏休みの昼ごはん作りをめんどくさいと感じているものの、子どもや家族のために栄養バランスの取れた料理や手抜きではない料理を作りたい気持ちもありますよね。

調理に時間をかけすぎず、家族のために納得いく昼ごはんを提供したい方には、作り置きをおすすめします。

1度にたくさんの量を作れるため時短になるだけでなく、水道光熱費の節約になるのも嬉しいポイントです。

2.冷凍・レトルトなどを活用する

夏休みの昼ごはんを時短で作るには、冷凍・レトルト食品を活用するのもおすすめです。1から調理をする場合と比べて、スピーディーかつ楽に昼ごはんをつくれます

また、温めるだけで調理が完了する製品も多いため、洗い物の量を減らせるのも時短ポイントです。食事のすべてを冷凍食品やレトルトで済ませることに抵抗がある場合には、1、2品取り入れるだけでも十分時短になりますよ。

3.洗い物を減らせるワンプレートのお昼ごはん

夏休みのお昼ごはんを作るとき、調理よりも食後の洗いものがめんどくさいと感じる方は多いのではないでしょうか。なるべく洗い物の量を減らしたい場合は、丼ぶりやワンプーレートランチが良いでしょう

また、ワンプレートには時短だけでなく、洗剤の使用量を節約できるメリットもあります。

4.家族と一緒に調理する

夏休みだからこそおすすめの時短のコツが、家族と一緒に調理することです。一人で作るとめんどくさい昼ごはんですが、家族全員で作ることで時短になるうえに、楽しみながら調理できます。子どもと一緒に調理すれば、食育にもなって一石二鳥!

また、普段から同じ人が料理を担当している家族の場合、昼ごはん作りの大変さを知ってもらうきっかけにもなるはずです。

めんどくさいを軽減!夏休みの昼ごはんレシピ5選

夏休みの昼ごはん作りのめんどくさいを軽減するには、時短で作れる簡単なレシピがぴったりです。そこで数あるレシピの中から30分以内に調理可能なレシピを集めました。

炒めるだけの簡単チャーハンから、夏にぴったりな冷たい麺料理までおすすめの昼ごはんレシピをみていきましょう。

1.ツルンと喉越しの良い「そうめん」

夏休みの昼ごはんにぴったりなのが喉越しが良く、調理も簡単な「そうめん」です。そうめんは他の麺料理と比べて食物繊維が少ないため、夏休みのお出かけや暑さで胃がバテ気味の方に適しています。

基本的に調理は茹でるだけでOK。お好みで野菜やお肉などの具材を添えていただきましょう。

2.炒めるだけで簡単な「卵チャーハン」

10分前後で家族全員分を作れるのが「卵チャーハン」です。お米や卵の単価は他の食材と比べて安いため、簡単に作れるだけでなく、夏休みの昼ごはんの食費を抑えられます

卵を割ったり、溶いたりするときには刃物や火を使わないため、子どもと一緒に作りやすい点もおすすめポイントです。

3.味付け不要でらくらくの「豚キムチ」

食材をフライパンで炒めるだけの簡単レシピが「豚キムチ」です。基本的に味付けはお肉の下味とキムチのみでOK。一口サイズに切った食材を炒めるだけなので10分前後で完成します。

なお、夏休みに子どもと一緒に食べるため、辛さを抑えたいときはマヨネーズや卵を加えると辛味が和らいでまろやかになります。

4.好みの具材を載せられる「ぶっかけうどん」

夏バテしやすい夏休み期間に食べたいのが「ぶっかけうどん」です。茹でたうどんに好みの食材を乗せて、めんつゆをかけるだけで完成します。

なお、具材は冷蔵庫の中にあるものを乗せれば良いので、余った食材を活用しつつ、サクッと昼ごはんを作れます。

5.和えるだけで作り置きもOK「白菜とちくわの塩こんぶ和え」

手軽でおいしい作り置きレシピとして紹介するのが「白菜とちくわの塩こんぶ和え」です。塩こんぶは食材と和えるだけで簡単に一品料理ができるため、白菜やちくわ以外で和え物を作る際にも応用できます。

日持ちするものと和えれば、常備菜として昼ごはんだけでなく、朝・夜ごはんでいただくことも可能です。

昼ごはん作りがめんどくさいときには?家事負担を軽くしよう

時短のコツや簡単時短レシピを取り入れても「夏休みの昼ごはん作りをめんどくさい」と感じている場合、その他の家事負担を軽くすることも検討しましょう。

例えば、一人に家事の負担が偏っていたり、日々の家事がストレスになっていたりする場合、家事負担を軽くすることで昼ごはん作りのモチベーションがアップします。

家族と過ごす時間が増える夏休みだからこそ、実践したい家事負担を軽くする方法をみていきましょう。

家族で家事を分担する

一人に家事負担が偏っている場合、夏休み中だけでも、家族と家事を分担するのが良いでしょう。掃除や洗濯など、その他の家事を家族と分担できれば、昼ごはん作りにも余裕が生まれます。

家事を分担する際は、家族と話し合ったり、それぞれの得意な家事を依頼したりすることで、スムーズに分担を決められるはずです。

1日家事をしない日をつくる

1日家事をしない日をつくり、息抜きをすれば、気分をリフレッシュできて昼ごはん作りをめんどくさいと思う気持ちの解消にもつながります。

家事をしないための具体的な方法としては、家族に家事を1日依頼したり、後述のめんどくさい家事を一任できる家事代行サービスを利用したりするのが良いでしょう。

家事の優先度をつける

家事に優先度をつければ、やるべきこと、やらなくていいことが明確化できます。優先度を決める際は家族と話し合ったり、普段の家事をリストアップしたりするのがおすすめです。

優先度がつけられると、漠然と家事をしていたときよりも効率が良くなり、昼ごはん作りにかけられる時間的・精神的な余裕が生まれます。

夏休みの昼ごはん作りが楽になる!おすすめサービスを紹介

レシピや家事負担の軽減に向けた工夫をしたうえでも「やっぱり、夏休みの昼ごはん作りはめんどくさい!」と感じる方もいるでしょう。

そこで、自分で夏休みの昼ごはんを作らなくても良い便利なサービスを解説します。リーズナブルな価格で食事をいただける宅食や、家事を気軽に依頼できる家事代行など、多様なサービスを駆使して昼ごはん作りのめんどくさいを解消しましょう。

栄養バランスの取れた昼ごはんを楽しめる「宅食サービス」

昼ごはん作りで楽ができるうえに、リーズナブルな価格で食事を楽しめるのが宅食サービスです。宅食サービスを利用すると、必要に応じてお弁当やおかずを自宅まで届けてもらえます

また、宅食サービスの中にはnosh」のように、管理栄養士やシェフ監修の料理を提供しているサービスもあるため、栄養バランスの取れた食事をしたい家族にもおすすめです。

費用を抑えつつ、昼ごはん作りのめんどくさいを解消したい方は利用してみましょう。

コスパの良いランチで大満足「外食・レストラン」

夏休みの昼ごはん作りがめんどくさいときは、飲食店で外食するのも一つの手段です。ディナーより高コスパなランチメニューがあるお店なら、比較的コストも抑えられます。

夏休みに入って、毎日の昼ごはん作りをめんどくさいと感じ始めたら、息抜きのお出かけも兼ねての外食がおすすめです。

お昼ごはん以外のめんどくさいも解決できる「家事代行サービス」

先述のように夏休みの昼ごはん作りのめんどくさいを解消するには、料理以外の家事負担軽減も有効です。

昼ごはん作りだけでなく、洗濯、掃除など家事全般を依頼できる家事代行サービスを利用すれば、家事の負担やストレスを楽に解消できます。

また、完全オーダーメイドのサポートを提供しているきらりライフサポートのようなサービスを利用すれば、昼ごはん作りだけでなく掃除や洗濯、子どもの世話まで夏休みの気になる家事を一挙に依頼することが可能です。

家族のようなきらりさんに家事を依頼「きらりライフサポート」

「きらりライフサポート」は、熟練主婦(夫)の知恵や経験を生かしたご家庭サポートを提供しているサービスです。

家事代行の枠を超えた幅広いサポートに対応しているため、ペットの散歩や子供の送迎、悩みごとの相談まで、それぞれに適した依頼ができます。

基本的に家事をサポートしてくれるきらりさんは、専任制。信頼できるきらりさんに、1時間2,530円~(税込)のリーズナブルな価格で依頼できるのが大きなメリットです。

夏休みの昼ごはん作りだけでなく、めんどくさい家事の代行を長期的に依頼したい方は、専任制で利便性に優れた「きらりライフサポート」に相談してみましょう。

1分でわかる!きらりライフサポートってこんなサービス

  • Facebook
  • Twitter