暮らしのミソを知る情報メディア「ミソシル」by東京かあさん

東京かあさんによる情報発信メディア

東京かあさんによる情報発信メディア

家事が苦手なアナタへ!克服の方法から楽ができるコツまで解説

2022.10.30

家事が苦手なアナタへ!克服の方法から楽ができるコツまで解説

つのぴー

この記事をかいた人

つのぴー

都内在住のフリーランスのライターです。おばあちゃん子で介護をしていたので、料理や家事をするのが学生の頃から好きになりました。男性目線での家事の楽しさやお悩み解決法を記事を通して伝えていきたいです♪

  • Facebook
  • Twitter

掃除や洗濯、料理など、毎日行う家事が苦手に感じたり、毎日家事をするのがしんどくなったりするときがありますよね。そんなとき、時短で家事をこなせるコツや、家事から離れるための方法を知っていれば、ストレスを溜めずに家事と向き合えるはずです。そこで本記事では、苦手な家事を克服できるコツや、苦手を克服しなくても家事を回せるようになる具体的な方法を紹介します。

家事が嫌になるのはどんな時?苦手の原因とは?

料理や掃除、洗濯といった家事をしていて、「苦手だな」、「今日はやりたくないな」と感じたことがある方は多いはずです。そんな自分が家事を嫌になる原因にこそ、家事の苦手を克服するヒントが隠れています。

まずは、自分がどんなときに家事を嫌と感じているのかについて、考えていきましょう。

家事よりも仕事の方が好き

家事を後回しにしたり、やるのが億劫な理由が、家事よりも仕事の方が好きという方がいます。仕事が楽しくて、家事にかける時間をもったいなく感じるようになると、家事をするのが徐々に嫌になっていくのです。

家事よりも仕事をしたいと感じている方の場合、無理に家事をする時間を作るとストレスになってしまうケースも。事代行サービスやお掃除ロボットのような便利な家電を使って、家事の負担を減らしてみるのがおすすめです。

毎日続くため終わりが見えない

終りが見えない、毎日繰り返し発生することに嫌気がさしたり、疲れたりすることも、家事が嫌になる要因の1つです。1つの家事にかかる時間は短時間でも、いくつもの家事が重なると、1日では終えられない量になっていることも良くあります。

家事の終わりのなさを負担に感じたときは、リストを作って自分なりのゴールを作ってみるのもおすすめの対処法です。

頑張っても気づいてもらえない

ペコリの「家事」に関する意識・実態調査によると、約半数の主婦が、パートナーから家事をしたことを褒めてもらえないと回答しています。重労働の家事を毎日こなしているのに褒めてもらえない、頑張っているのに気づいてもらえないという思いから、家事を嫌になる方は多いようです。

この理由で家事を嫌になっている方は、パートナーに気持ちを伝えたり、自分にご褒美を買ったりして、家事に対するモチベーションを上げてみるのがおすすめです。

簡単なコツで改善!苦手な家事を克服するための方法

苦手な家事を克服したいけど、方法やコツが分からない方も多いですよね。毎日向き合う家事だからこそ、苦手を克服できたらスッキリした気持ちになれます。

そこで、簡単に実践できる家事の苦手を克服するためのコツを解説します。

家事の中に好きなことを取り入れる

家事が苦手な方は、家事の中に好きなもの、好きなことを取り入れてみるのが良いでしょう。例えば、料理が苦手な方なら、調理家具を好みのデザインやメーカーのものに買い替えたり、音楽が好きなら、家事の最中に好きな音楽をかけながら作業するなどです。

インテリアや音、香りなど、普段から意識しなくても目に入ったり、感じたりできるものなら、自然に気持ちを後押ししてくれますよ。

まとめずこまめに家事をする

1度にまとめて家事をしようとすると、時間がかかる上に、肉体的、精神的にな負担が大きくなります。まとめずにこまめに家事をこなすことで、効率よく、時短で家事をこなしましょう。

例えば、コロコロやウェットシートで床をさっと掃除したり、料理中の汚れを作りながら拭き取ったりすれば、後の掃除が楽になります。何かをしながらや、ついでにできる家事を見つけると、1つの家事にかかる時間も負担も減らせるのでおすすめです。

家事スケジュールを見直してみる

何から手をつけていいのか分からないという方には、家事スケジュールの見直しがおすすめです。まず、家事をリスト化したり、アプリを使って整理すれば、手元にある家事が見える化します。

見える化した家事に優先順位をつけていけば、事前と家事をスケジューリングできます。期日や自分なりのゴールをうまく作り、メリハリをつけて家事をこなしていきましょう。

苦手な家事をこなすコツ【掃除編】

家事の中でも掃除が苦手という方や、掃除したい気持ちはあるけど忙しくてできないという方は多いはず。しかし掃除をしなければ、部屋の中にホコリは溜まっていく一方です。そこで、簡単に実践できる掃除を楽にするコツを解説します。

いらないものを捨てる

床やテーブルの上にものが置かれていて、掃除がしにくいという経験をした方はいるはず。ものが床やテーブルの上に散乱してしまう1番の原因は、ものの量が多いからです。

収納や整理整頓する前に、不要なものから捨てるように意識しましょう。捨てるときに迷わないので「1年以上使っていないものは捨てる」のように、自分なりの決め事を作っておくのがおすすめです。

掃除道具を厳選する

今、手元にある掃除道具を1度見直してみるのも掃除のコツです。便利な機能がついた家電や最新グッズを取り入れるだけで、掃除の効率がグッと上がります。

ただ機能的な製品を揃えるだけでなく、自分が欲しいと感じた掃除道具を揃えることも、モチベーションアップに繋がりますよ。

手に取れる位置に掃除道具を置く

掃除をしやすい環境を作るのが、掃除のコツの1つです。掃除道具をしまわずに、手に取りやすい位置においておけば、掃除をしたくなったとき、すぐに行動に移せます。

リビングで寛ぐスペースの横に掃除機を置いたり、キッチンに掃除用のスポンジを置いたり、簡単な工夫1つで、掃除をするまでの手間を省けますよ。

苦手な家事をこなすコツ【料理編】

さぶろぐによる面倒くさい家事についてのアンケート調査によると、20才以上の男女の面倒くさいと感じる家事の1位が料理でした。作るだけでなく、献立の考案、食材の買い出しに食器洗いなど、工程数がかかる料理。

多くに人が苦手意識を感じている料理をちょっぴり楽にするコツを解説します。

生協や通販で買物を楽にする

料理を作るための買い物は、時間がかかる上に、肉体的な負担もあります。生協やAmazonのような通販を利用すれば、買い物がグッと楽になります。24時間好きなときに買い物できるのも、忙しい方からしたらメリットです。

買い物していた時間を別の家事に充てれば、1日の家事を終える時間も早まりますよ。

便利なキッチンツールを購入する

料理の手間を省いてくれる便利なキッチンツールを使用するのも、料理の苦手克服のポイントです。

調理が苦手な方はスライサーや、ミキサーのような調理を補助する道具、お皿洗いが苦手な方は、食器洗い乾燥機のように、苦手に合わせてアイテムを使い分けましょう

ボタンひとつで調理ができる自動調理機能付きの家電も販売されているので、積極的に導入してみるのもよいですね。

外食や宅食サービスを活用する

料理が苦手なら作らないというのも立派な選択肢です。外食やテイクアウト、家まで料理を届けてくれる宅食サービスなどを利用すれば、料理を作らなくてもおいしい食事を楽しめます。

自炊に比べてコストが気になる方は、疲れたときや息抜きしたいとき、スポット的に活用するのもおすすめです。

苦手な家事をこなすコツ【洗濯編】

料理や掃除と並んで、苦手な家事に挙げられるのが洗濯です。忙しいときほど、溜め込んでしまったり、たたむのがめんどくさくなったりしますよね。頻度の多い家事だからこそ、苦手を克服できたら、毎日の家事を楽しめるようになります。

そこで、選択が苦手な方でもすぐに実践できる具体的なコツを解説します。

ハンガー収納に切り替える

洗濯の中で苦手な人が多い作業の1つが、洗濯物を畳むことです。洗濯物を畳むのが手間になるなら、初めから畳まない収納方法に切り替えましょう。

今まで押入れやタンスにしまっていた衣服をハンガーに掛けて収納するだけで、洗濯の手間が一気に省けます。

かけるだけで収納の手間が軽くなるのはもちろん、服を着るときもハンガーからサッと取り外すだけでOKです。

洗濯物を種類別にまとめる

洗濯機の中で衣服の種類がバラバラにならないよう、洗濯ネットでまとめておけば、収納するときに効率的です。

一般的に洗濯物をしまうときに、衣服の種類別に収納している方が多いですよね。洗濯ネットで衣服を種類ごとに分けて洗えば、後から衣服の種類を揃えなくていいだけでなく、傷やシワの予防にもなりますよ。

乾燥機付き洗濯機を購入する

予算に余裕がある方におすすめなのが、乾燥機付き洗濯機の導入です。洗う、干す、畳むの3つ工程のうち、1つを省けるようになるので、大きな時短効果があります。

また、乾燥機付き洗濯機を導入することで、天候を気にせず、自分のタイミングで洗濯できるようになるのもメリットです。

苦手を克服しなくてもいい!家事を楽にする方法とは?

家事を「やらなければいけないもの」と思っていると、苦手な家事をするのがますます億劫になってしまいますよね。家事を克服しようとするだけでなく、「克服しなくても良い」という選択肢も持てれば、家事との向き合い方が楽になります。

そこで、自分で克服するのではなく、助けを借りるための具体的な手段をみていきましょう。

効率的な最新グッズ・家電を利用する

苦手な家事があるときは、最新グッズや家電に頼りましょう。先述した乾燥機付き洗濯機や、お掃除ロボット、料理家電まで、家事をサポートしてくれるアイテムはたくさんあります。

仕事や家事、育児で忙しい方ほど、自分の余暇を持てていない場合が多くあります。時短できる家電や便利なグッズは、趣味の時間を捻出したり、生活の質を上げたりする手助けとなってくれますよ。

便利な宅配サービスを利用

現代には、「Uber Eats」のようなフードデリバリーや、「nosh」のような冷凍宅食サービスに「Amazon」まで、さまざまな宅配サービスが充実しています。

フードデリバリーや宅食サービスなら、買い物だけでなく、料理の手間までまるまる時短できるのが嬉しいポイント。在宅ワークなどが積極的に導入される中で、家からボタン1つで製品を購入できるのは、家事をする上でも大きなメリットです。

家事代行を利用する

苦手な家事を自分でしようとするのではなく、プロの手を借りるのも1つの手段です。家事代行サービスなら、洗濯、料理、掃除といった一般的な家事を依頼できます。

しかし、子供の送迎やペットの散歩など、会社によっては一部依頼できないサービスもあるので注意しましょう。

そのため、最近では東京かあさん」や「MAUCHI」のような、家事代行に留まらないサービスにも注目が集まっています。

第2のお母さんが苦手な家事を手助け!アットホームな東京かあさん

「東京かあさん」は、ご近所に第2のお母さんを持てるサービスです。苦手な家事から子供の送迎、人生相談まで、家事代行に留まらない範囲のサポートを提供してくれます。

担当のお母さんは、信頼関係が深まりやすい専任制。優しく、ときにおせっかいな提案型のサポートで、心も体もほっこりしたい方にピッタリですよ。

1分でわかる!東京かあさんってこんなサービス

  • Facebook
  • Twitter