暮らしのミソを知る情報メディア「ミソシル」by東京かあさん

東京かあさんによる情報発信メディア

東京かあさんによる情報発信メディア

家事をめんどくさいと感じる原因とは?ストレス発散法や解決法も

2022.6.30

家事をめんどくさいと感じる原因とは?ストレス発散法や解決法も

つのぴー

この記事をかいた人

つのぴー

都内在住のフリーランスのライターです。おばあちゃん子で介護をしていたので、料理や家事をするのが学生の頃から好きになりました。男性目線での家事の楽しさやお悩み解決法を記事を通して伝えていきたいです♪

  • Facebook
  • Twitter

毎日家事をしているとめんどくさいと感じることや、楽をしたいと思うことはありませんか?家事だけでなく仕事や育児までしていると、毎日時間に追われて大変なはずです。家事を頑張りすぎてしまう皆さんに、めんどくさいと感じる原因から解決法、ストレス発散方法までご紹介します。

家事がめんどくさいと感じる原因はなに?

掃除や洗濯、料理など生活していくうえで毎日する必要があるのが家事です。毎日同じことが繰り返されたり、仕事や育児で疲れていたりすると家事をするのもめんどくさくなってしまいますよね。

家事をやる気が起きない原因やめんどくさいと感じる理由について解説します!

家事を頑張っているけど気づいてもらえない

仕事ぶりを評価してもらえる仕事と異なり、家事を頑張っても評価されにくいのがめんどくさいと感じる理由の一つです。多くの家庭で、家事は無報酬なだけでなく、やっていて当たり前のように思われがちになっています。

毎日家事をしているのに評価されないと、モチベーションも湧いてきませんよね。家族から評価されずに家事をする気が起きない場合は、毎日家事をしている自分自身を褒めたり、認めたりすることから始めてみましょう

育児や仕事で疲れている

育児や仕事、プライベートな用事で疲れていると、家事をするのがめんどくさいと感じられます。国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、妻が家事に費やす時間は平日で「4時間23分」、休日は「4時間44分」です。

育児や家事で一日中働いた後に、数時間も家事に費やしていると、体力や気力もなくなってきます。家事には休日がなく、家族がいると自分のペースで行えないことまであります。疲れから家事をめんどくさいと思うときは、家族と協力して家事の負担を減せるように検討してみましょう。

一人で背負い込んでしまう

30~40代夫婦に行った「ライフスタイル調査」では、共働き妻の66.6%、共働き夫の43.3%が疲れているパートナーに家事分担を頼みにくいと解答しています。共働きの夫婦だけでなく、専業主婦も家事を自分の仕事と気負ってしまい、一人で悩みを抱え込みがちです。

一括りに家事といっても、料理や洗濯、掃除などさまざまな分野に分けられます。それぞれの家事に対して、得意、不得意を自分が感じることもあるはずです。パートナーへの気遣いや自分の不得手を伝えられないと、かえって家事をするのがストレスになります。一人で抱え込まずに、悩んだときは周りの方に相談してみましょう。

近所や家族の付き合いが大変

いざという時に助け合ったり、情報を共有し合ったりするために、ご近所付き合いは大切です。気を遣いすぎたりしてしまう方は、会話やコミュニケーションをめんどくさいと感じてしまうこともあります。

ゴミ出しの時間や騒音など、近隣住民の気になるポイントを知っておくことは、家事をストレスなく進めることにも繋がります。

めんどくさいと感じる家事ベスト3

毎日家事をしているとめんどくさいと感じることも多いですよね。仕事や育児と合わさるとなおさら面倒に感じられます。数ある家事の中でも大変だと思われがちな家事ベスト3を理由や解決策を交えて紹介します。

めんどくさいと感じる家事 1位「料理」

家事の中でも一番めんどくさいと感じられているのが料理です。一般的に料理は一日3回作る上に、献立の考案、買い物、下ごしらえ、後片付けまで、時間かかり、工程もたくさんあります。その中でも「毎日の献立を考えるのが大変」という理由が、多くの人が家事を苦手に思う要因の一つです。

料理の献立を考えるときには、健康面だけでなく、経済や作りやすさなど、さまざまな点を考慮します。時間も手間もかかり、頻度も多い料理の負担を減らすなら、時短レシピや家事代行サービスに頼るのも良いでしょう。

めんどくさいと感じる家事 2位「洗濯」

洗濯は頻度が多く、洗う、干す、たたむといった工程数があります。洗濯が終わった音を聞いても重い腰が上がらない方も多いはずです。

天候や気温などによって、干したときの乾き具合や干す場所を変えなければいけないのも、手間の一つです。洗濯物をたたんでしまうまでも含めると、時間も体力も使う家事です。

部屋干しを増やす衣服をたたむのではなくハンガーにかけて収納するなどの工夫をして、負担を軽減できると良いですね。

めんどくさいと感じる家事 3位「掃除」

水回りから部屋の掃除まで、掃除全般をめんどくさいと感じる方が多いです。部屋の掃除の場合、毎日掃除をしていてもゴミが出てきて、キリが無いように感じられるのが、めんどくさいと思う理由の一つです。

トイレやお風呂、洗面台などの水回りの掃除は、頑固な汚れが多く、頻度は少なくても一回の掃除が重労働になります。特にお風呂や台所は排水口まで含めると掃除範囲が広く一苦労。少しでも楽をするなら便利な用具や洗剤を探してみるのも良いでしょう

家事がめんどくさいときのストレス発散方法

家事に対するめんどくささを感じたときは、一度家事から離れてストレス発散してみるのも良いでしょう。日頃の不満や悩みを日記に書いて吐き出してみたり、自分だけの時間を作ってみたりして、息抜きするのも大切です。

スキマ時間でもできる簡単なストレス発散方法をご紹介します。

ブログや日記を書いてみる

家事をするのが嫌になったり、大変だなと感じたりしたときは、日記やブログに自分の気持ちを書き出してみましょう。溜め込んでいる不満や悩みを文字にして書き出してみると、すっきりした気持ちになれるかもしれません。

自分の気持ちを文字に起こすことで、自分が家事の何をめんどくさいと思っていたのかが明確になるのもメリットです。

少しの時間だけ一人で外出する

30分でも家事から離れる時間ができたなら、外出して気分転換してみるのもおすすめです。外の空気を吸いながら、散歩をするだけでも気持ちのリフレッシュになります。

2~3時間ほどまとまった時間が作れたのなら、友人と一緒にカフェやランチをしたり、一人で買い物をしたりするのも良いでしょう。友人に相談をしたり、自分の家事に感じる悩みを相談すれば、心がかるくなるはずです。

お出かけや買い物をするときに、家事をしやすい格好ではなく、メイクをしておしゃれな服を来ていくのも気分転換になりますよ。

お昼寝をする

共働きや育児、家事の量によって体や心が疲れているときには、お昼寝をしてみましょう。睡眠時間がとれていない方はもちろん、家事が忙しくて外出して気分転換ができない方にもおすすめです。

家の中でスキマ時間にできる上に、疲れがとれれば家事の効率がアップします。育児中で時間が無い方は、お昼寝の時間にこだわらず、子供を寝かしつけるタイミングで睡眠をとるのが良いでしょう

外食やご飯をデリバリーする

多くの人がめんどくさい家事と感じる料理。一日3食のうち1食でも作らないだけで、時間が空きますし、リフレッシュになります。

普段自分で料理をしようと背負い込んでいる方ほど、外食やデリバリー、テイクアウトなどを利用すると料理の負担が軽減されます。時間にゆとりを持って食卓を囲めば、家族のコミュニケーションを普段より楽しめるかもしれません。

家事をやりたくない…そんなときの解決法は?

一時的なストレスを発散するのではなく、自分がする家事の負担を減らしたり、家事をやらないで済んだりしたら、もっと楽になるなと思いますよね? 家事を自分だけで抱え込まず、時短で楽にできる具体的な解決方法を見ていきましょう。

家族と話し合いをする

家事をするのがめんどくさいと感じているのを家族に伝えてみるのも一つの手段です。家族に自分の悩みを伝えるときは、どんなことに悩んでいるのか、相手にどうして欲しいのかを具体的に伝えます。

話し合いをする前に、日記や紙に悩みを書き出しておくと、話し合いたいポイントを明確にできます。話し合いの中で家事分担や必要のない家事を減らして、自分がする家事を減らしてみましょう。

便利な家電やグッズを利用する

予算に余裕があるときや、共働きで家事分担が難しいときは、便利な家電や時短グッズを利用してみましょう。床を自動で掃除してくれるお掃除ロボがあれば、掃除にかかる時間をぐっと減らせます。

その他にも、乾燥機付き洗濯機や食器洗い機など、自分が苦手な家事を効率化してくれる家電や時短グッズを使えば、めんどくさい家事をやらなくてすみますよ。

家事代行サービスを利用する

家事は人任せにせず、自分たちでするものと思いがちですが、家事代行サービスを利用するのもおすすめの手段です。家事にかかる時間や負担を減らして時間を有効活用できます。

空いた時間はストレス解消に当てたり、家族で過ごす時間にするのも良いでしょう。利用の際は、自分が頼みたい家事の範囲やかけられる予算を踏まえてサービス業者を探してみてください。

東京かあさんならめんどくさい家事の依頼や悩み相談まで!

東京かあさんは、ただの家事代行サービスではなく、ご近所に第2のお母さんを持てるサービスです!

ベビーシッターなら育児、家事代行サービスなら家事と一般的には依頼できる範囲が限られていますが、東京かあさんならおせっかいなお母さんに、めんどくさい家事や子供の面倒に悩み相談まで、担当のお母さんができる範囲のサポートを何でもお願いできます

家事代行に留まらない東京かあさんのサービス

東京かあさんの大きな特徴が家事代行に留まらないサービスの範囲です。めんどくさい家事といわれる料理や掃除、洗濯はもちろん、整理整頓や保育園の送り迎え、買い物の代行までさまざまなサポートを依頼できます。

お母さんによって得意なことの範囲は異なりますが、利用者さん(お子さん)のご希望に合わせたお母さんをマッチング致します。

優しくおせっかいなお母さんに相談できる

「家事を頑張っているのに気づいて欲しい」「一人で家事を背負い込んでしまう」そんな思いを抱えながら家事をしている方は、優しいお母さんに相談してみてください。

東京かあさんの魅力の一つが、人生経験豊かなお母さんにお話相手になってもらうこともできるところ。家事や育児のサポートだけでなく、精神的なサポートも担うところが特徴です。友人や実の両親には心配をかけたくなくて相談できないことも、ほどよい距離感のお母さんであれば気軽に話すことができますよ。

1分でわかる!東京かあさんってこんなサービス

  • Facebook
  • Twitter