暮らしのミソを知る情報メディア「ミソシル」by東京かあさん

東京かあさんによる情報発信メディア

東京かあさんによる情報発信メディア

不在時に家事代行を利用するメリット・デメリット|鍵の取り扱いは?

2022.4.12

不在時に家事代行を利用するメリット・デメリット|鍵の取り扱いは?

koba

この記事をかいた人

koba

澄んだ空気と鳥や虫の声に癒やされながら田舎生活をしています。冒険心がくすぐられるような旅行と、ふかふかの布団でネコとくつろぐ時間が大好き。

  • Facebook
  • Twitter

自分がいない時に安心して家事代行が利用できると、プライベートな時間を割かずに快適な状態が維持できますね。家に帰ってきたときに、とても綺麗な状態にあるなど、そのメリットはたくさん。しかし、一方で不安を感じたり、鍵の取り扱いがどうなっているのか心配になる気持ちも分かります。ここでは、不在時に家事代行を利用するメリットやデメリット、安心して依頼するためのポイント、鍵の取り扱いについてご紹介します。

不在時でも家事代行は依頼できる

多くの場合、誰も家にいない時間帯でも家事代行は利用することができます。利用したことのない人からすると、不安もあるかもしれませんが、実際に不在中に利用している人はたくさんいます。

基本的な考え方として、家事代行サービスの利用は利用者の在宅中に提供されるのが普通です。不在時の利用に関しては、オプションサービスとしての位置付けとなり、家事代行業者によって対応の可否が変わります。

どんな人が不在時に家事代行を利用しているの?

不在時に家事代行を選ぶ人の背景は、さまざまです。例えば、以下のような人に利用されています。

・家事が苦手なので、こまめに利用してきれいな状態を保ちたい
・共働き家庭なので、仕事で不在の間に家事をしておいて欲しい
・休日は自分のためにゆっくりと時間を使いたい
・家事代行に入ってもらっている間、気を遣って疲れるのが嫌だ

その他にも、利用する人それぞれの理由があるかと思います。特に、家事代行に来てもらっている最中に自分も家にいるとなると、それに合わせてスケジュールを組まなければなりません。そういったことを避けたいという気持ちは、多くの人に当てはまるのではないでしょうか。

仕事をしている人にとっては、せっかくの休日を自由に自分だけのために存分に使いたい、休日は綺麗な家でのんびりとくつろぎたいからと、敢えて自分が出掛けている間に依頼したくなる気持ちも分かりますよね。

こう考えると、不在時に家事代行を依頼するメリットは意外にも多いな、という気もしてくるのではないでしょうか。

不在時に家事代行を依頼する場合は条件があることも多い

多くの家事代行業者は、不在時の依頼にも対応しています。しかし、これまで1度も利用したことのない人がいきなり依頼するのは難しいでしょう。

不在時の対応が可能な場合でも、まず1度は依頼者と業者が顔を合わせて、依頼内容の確認や家事に必要なものがどこにあるのかなどを確認する必要があります。そのため、不在時の利用は2回目以降とするなどの条件を設けていることが多いです。

さらに、不在時の利用は単発利用者ではなく定期的に利用する人に限られるのが一般的です。

鍵の取り扱いはどうなる?

さて、いざ不在時に家事代行を依頼するとなると、鍵の取り扱いが問題になりますね。家族以外に鍵を用意することに不安を感じるのは、ごく自然なことです。

一般的に、家事代行業者が鍵を預かる場合、保管にはきちんとルールを設けて、どのように行うのかホームページなどに明記してあります。鍵の保管に関してはオプション料金として別途支払いが必要となることが多く、だいたい千円程度までが相場です。

不在時に家事代行を利用するメリットとデメリット

不在時に家事代行を依頼するメリットとデメリットの両方を見比べて、自分に合った方法を選びましょう。

メリット

・休みの日を自由に使える
・疲れて帰宅しても家の中が綺麗だと癒される
・家事に対するプレッシャーが少なくなる
・業者に家事をしてもらっている間、気まずい思いをせずに済む

不在時に家事代行を依頼すると、以上のようなメリットを感じることができるでしょう。特に、仕事をしている人にとっては、仕事の日とプライベートの日をキッチリ分けて、プライベートの日は何にも邪魔をされずに過ごすことができたり、家族との時間を存分に楽しむことができます。「家事をしなければ」というプレッシャーから解放されるのはもちろんですが、疲れて帰ってきても家の中が綺麗なら気分も違いますね。

また、在宅時に家事代行を利用しても、自分は手持ち無沙汰で何をして良いか分からないと困る人もいます。お金を払って家事を誰かに任せることに、罪悪感を感じる人もいます。そうした気持ちも、不在時の利用であれば感じることはなくなるでしょう。

デメリット

逆に、不在時に家事代行を利用するデメリットも少なからずあります。

・家族以外が家に入ることへの不安
・貴重品の管理についての不安
・鍵を預けることへの不安
・不在時の家事代行ではできないこともある

これらの不安は、不在時の利用ならではの悩みと言えます。多かれ少なかれ、こうした不安を感じるのは自然なことですが、抵抗感が強いようなら在宅時に限って依頼した方が気持ちがラクかもしれませんね。

ちなみに、不在時の家事代行では、電話応対やインターフォン応対はできないとするところが多いです。宅配便の受け取りに関しては、事前に知らせておくと対応してくれる可能性もあるため、確認されることをおすすめします。

家事を「やっておいてもらう」と生活はどう変わる?

家事代行ですべての家事をサービスに任せるのは、難しいかもしれません。利用頻度や予算などの関係もありますよね。しかし、苦手とする家事の一部だけでも不在時に「やっておいてもらう」ことのメリットは、想像以上に大きいのではないでしょうか。

苦手でなくても、仕事や育児などが忙しくて、やりたい家事に手をつけられないという葛藤を抱えている人も同様に、考えてみるとよいでしょう。

不在時に家事代行を依頼すると、こうした苦手な家事や自分がやりたくても十分にできない家事を、プロがやってくれます。そのぶん、浮いた時間を自分のために使ったり、家族のために使ったりできるだけでなく、精神的なゆとりも生まれるのではないでしょうか

不在時の家事代行の依頼例

実際に、不在時に家事代行を利用している人がどんな内容で依頼しているのか、その一例をご紹介します。

部屋の片付けやお掃除を依頼

「毎週1回のペースで、部屋の片付けや掃除機かけ、雑巾かけとお風呂やキッチン、トイレといった水回りの掃除をお願いしています。他の日は自分も掃除をすることがありますが、定期的に利用して綺麗な状態にリセットされるため、その手間や時間が短縮化されて助かっています。常に、家の中が快適に保てていると気分が明るくなる気がします。」

平日分の料理の作り置き

「一人暮らしをしていて、どうしてもテイクアウトや外食で偏った食生活を送ってしまいます。かといって、一人分の食事を毎日作るのは面倒で…。食材を使いきるスキルもなく、結局無駄になってしまっていました。家事代行で平日分の料理を作り置きしてもらうことで、栄養バランスの偏りが少なくなった気がします。何より、家庭の味が食べられるという満足感が魅力です。」

リビングの掃除機かけとシャツのアイロンかけ

「仕事で着るワイシャツは、いつもクリーニング店に依頼していましたが、その都度クリーニング店に足を運ぶのが大変でした。意外と費用もかかります。家事代行で、洗濯物にアイロンをかけてもらうことができると知り、他の家事と一緒に頼むことにしました。クリーニング店に通う手間がなくなって、さらに家が片付きやすくなり、とても利便性が高いと感じています。」

子どもの送迎

「仕事をしていると、想定外のこともよく起こり、定時では帰りにくい場面も多々あります。しかし、子どもの送迎時間が迫っていると、どうしても他の人に仕事を任せてお願いしなければなりません。家事代行で子どもの送迎をお願いできるとその日は気持ちに余裕が出ます。子どもが一人で留守番できるようになるまでは、家事代行を継続的に使い続けたいです。」

安心して不在時に家事代行を依頼するために

もちろん、スタッフの方々は不在時でも安心して利用できるように色んなことに配慮したり、厳しい研修をクリアしたり、倫理観をもって仕事にのぞまれていることがほとんどです。ただ、依頼する側の気持ちとしては、少しでも不安なく利用したいものですね。以下のポイントを意識したり、確認したりすると、不安も和らぐのではないでしょうか。

・顔を合わせることが少ないからこそ、コミュニケーションを大切に
・鍵の保管方法について確認する
・万が一、鍵を紛失した場合の補償があるのか確認する
・貴重品は金庫などに入れる
・入られたくない部屋には鍵をかける

在宅時に利用するのとは違い、不在時に定期的に利用するとなると、業者の方と顔を合わせることはほとんどなくなります。だからこそ、私たちが安心して任せられるように、業者の方々は色んなことに気を配っています。利用者とのコミュニケーションツールはノートやスマホでのチャットなどが主ですが、こうしたツールをしっかりと活用してお互いに気持ちの良い関係性を築くことも大事です。

さきほど、鍵の取り扱いについても触れましたが、家事代行サービスを提供する業者のホームページには、不在時のサービス提供や鍵の保管についての情報を掲載していることが多いです。利用前に、よく確認しておくことをおすすめします。

特に、貴重品を金庫に入れるという方法は、多くの人が行っているようです。参考にしてみてはいかがでしょうか。

東京かあさんも不在時の利用が可能!

東京かあさんでも、不在時のご利用は可能です。鍵については、月額770円(税込)でお預かりすることができます。鍵のお預かりサービスを利用される方には、万が一、担当のお母さんが鍵を紛失した時の補償も用意。運営側が鍵の交換費用を全額負担いたします

なお、鍵は自宅のポストなどを使ってやりとりをすることも可能です。ただし、この場合は紛失の際の補償はなく、自己責任となります。もちろん、鍵のお預かり料金は発生しません。

東京かあさんで不在時の家事代行を利用するメリット

東京かあさんでは、あくまでも担当のお母さんが「無理や危険のない範囲でできること」をお手伝いするサービスです。一般的な家事代行やベビーシッターのように、業務の範囲が限られることはなく、世間のお母さんが家庭でやっている、多くのことをお願いすることが可能です。

そのため、あまりできること・できないことの枠にとらわれすぎることなく、「痒いところにも十分に手が届く」ようなサポートが魅力。まるで故郷のお母さんにお願いするように、家事の困り事のサポートが受けられます。

また、東京かあさんの場合、不在時の利用かどうかは関係なく、担当のお母さんが専任でつくこととなります。いつも同じ人にお願いできるという安心感は、不在時に利用したい人にとっても大きなメリットとなるでしょう。

1分でわかる!東京かあさんってこんなサービス

  • Facebook
  • Twitter