暮らしのミソを知る情報メディア「ミソシル」by東京かあさん

東京かあさんによる情報発信メディア

東京かあさんによる情報発信メディア

家事代行の上手な使い方は?使いこなすためのポイントを紹介

2021.12.8

家事代行の上手な使い方は?使いこなすためのポイントを紹介

yuzuko

この記事をかいた人

yuzuko

小学生の2人の子どもを育てながら、ライターとして仕事をするズボラ母です。日々、どれだけ楽に料理や洗濯を終わらせられるかを考えています。同じくズボラなお母さんたちに、少しでもタメになる情報を届けていきたいです♪

  • Facebook
  • Twitter

忙しい人や家事が苦手な人にとって、家事代行はとても嬉しいサービスですよね。でも初めての依頼で何を頼むか悩んでしまう、サービスをなかなか上手く使いこなせないという声も耳にします。そこで今回は、家事代行の上手な使い方や、頼む際のポイントについて詳しく解説見ていきましょう。

共働きや一人暮らしにぴったり!家事代行の使い方

家事代行の使い方は人によってさまざまで、お願いする理由や内容もその家庭によって異なります。家事代行はハードルが高いと感じている人もいるかもしれませんが、共働き世帯だけでなく、一人暮らしの方でも気軽に利用できるサービスが増えているんです。

忙しい共働き世帯で終わらない家事をお願いする

共働き世帯の場合、夫婦で仕事をしているとなかなか家事に時間を取れないという日も多いはず。ついつい外食やテイクアウトに頼りがちになったり、掃除がおろそかになってしまったりというのは共働きあるあるとも言えるでしょう。

家事代行を上手に活用すれば、そんな毎日の家事に追われる日々をサポートしてくれます。子どもがいるとこまめな洗濯が必要になり、自然と量も多くなってしまいがち。そんな洗濯も家事代行にお願いすれば、仕事と家事・育児の両立を無理なく叶えることができますよ。

家事が面倒な一人暮らしにも活躍するサービス

一人暮らしで仕事をしていると、家事がとにかく面倒に感じてしまう人もいますよね。料理・洗濯・掃除とやることも多いですし、仕事が忙しいと休日が家事で潰れてしまうなんて社会人も少なくありません。

特に実家暮らしに慣れていると、自分で家事をすることが面倒に感じて、ついつい後回しにしてしまうことも多いはず。そんな人にこそ、家事代行を上手に活用して家事の負担を減らすという使い方がおすすめです。

家事代行は短時間からお願いすることもできますし、自分のニーズに合わせてプランなどを決めることもできます。仕事が終わって家事をする元気がないという人は、思い切って家事代行にお任せするという選択肢も考えてみてください。

家事代行には何を頼む?さまざまなことがお願いできます

家事代行を初めてお願いする方にとって、使い方がよくわからないというのはよくあるお悩みのひとつです。ここからは、どんなことをお願いできるのか、どのようなシーンで使うのがベストなのかを具体的にご紹介していきましょう。

料理はもちろん洗濯や掃除などを頼める

家事代行でお願いできることは本当にさまざまで、基本的な家事と呼べる料理・洗濯・掃除は一通り依頼できるサービスがほとんどです。

料理

料理をお願いするのであれば、「夕食を作ってほしい」だけでなく、「料理を作り置きしてほしい」などの依頼にも対応してくれます。食材の買い物からお願いすることも可能ですよ。

洗濯

洗濯をお願いする場合は、干すだけでなく畳んで収納するところまでお願いできる場合が多いです。「子どもの体操服の洗濯が間に合わない」といったシーンでも、仕事中に家事代行で洗濯をお願いしておけば安心ですよね。

掃除

掃除の依頼は、リビングだけでなくキッチンやお風呂など、普段なかなか行き届かない部分までお願いが可能です。「玄関のタイルを磨いてほしい」「庭の草むしりをしてほしいなど」屋外の掃除をお願いすることもできるので、時間がかかってしまう大掛かりな掃除を、家事代行にお任せするのは上手な使い方と言えるでしょう。

枠に捉われない「家事」をお手伝い

基本的な家事の依頼ができる家事代行サービスですが、「東京かあさん」では一味違ったお手伝いで共働き世帯や一人暮らし家庭をサポートしてくれます。

担当ができることなら何をお願いしてもOK

東京かあさんでは基本的に、担当のお母さんができることなら何をお願いしてもOKとなっています。なので料理の依頼でも「料理を教えて欲しい」や「子どもと一緒に料理をしてほしい」などの依頼が可能になります。

他にもペットのお世話をお願いしたり、植物の水やりをお願いしたりと、依頼に応じて臨機応変に対応してくれるのが東京かあさんの大きな魅力。整理収納が得意なお母さんに、整頓のテクニックを教えてもらうなんて使い方もできるんですよ。

ベビーシッターと家事代行を両立

東京かあさんではベビーシッターと家事代行の業務を分けていないので、両方の依頼を同時にこなしてもらうことも可能なんです。子どもが寝ている間に料理や掃除をお願いしたり、子どもの宿題を見てもらったりなんて依頼もできちゃいます。

「入園グッズの名前付け」といったお願いも、時間があればOK。保育園の送り迎えなどにも対応してくれるので、忙しい子育て世帯の強い味方になってくれますよ。

嬉しいおせっかいを焼いてくれることも

家事代行サービスは、決められた内容のみをこなすケースがほとんどです。でも東京かあさんでは、利用者に嬉しいおせっかいを焼いてくれることもあるんです。

例えば「料理を依頼されていたけれど、時間が余ったのでキッチン周りの簡単な拭き掃除や、冷蔵庫内の掃除・整理整頓もやっておきました」と言われたら、利用者としてはとても嬉しいですよね。そんなかゆいところに手が届く、本当の母親のようなおせっかいサービスも、東京かあさんの魅力なんです。

お悩み相談もサービスのひとつです

東京かあさんでは、家事代行だけでなくお悩み相談もサービスのひとつとして提供しています。身近な人には言いにくい悩みがある時や、育児の相談をしたいけど周りに頼れる人がいない時など、経験豊富なお母さんが親身になって悩み相談を受けてくれるんです。

中には夫婦喧嘩の悩み相談をして、夫婦仲を仲裁したという経験のあるお母さんも。東京かあさんは専任制で同じお母さんが継続して依頼を受けるので、悩み相談をした後も夫婦や家庭を暖かく見守ってくれます。

家事代行を使いこなすためのポイント4つ

家事代行を初めて使う際、使い方がよくわからないと悩んでしまう方も多いですよね。そこで、家事代行を上手に活用するための4つのポイントをご紹介します。

家事代行に頼みたい内容を決める

まずは家事代行サービスに、お願いしたい内容を決めましょう。複数の依頼をお願いしたい場合でも、メインでお願いしたい内容を明確にしておくことで優先順位がはっきりして依頼がしやすくなります

最初はお互いに慣れない段階なので、あれもこれもと頼むのではなく、メインの依頼をしっかりとこなしてもらうという意識でお願いするのがおすすめです。

自分に合った家事代行スタッフやサービスを選ぶ

依頼したい内容が決まったら、自分に合った家事代行サービスを選びましょう。家事代行をお願いできるサービスはとても豊富にあるので、選び方に困ってしまう人も多いです。

・お願いできることが自分の目的と合っているか
・時間や日にちなどを合わせやすいか
・料金設定がわかりやすいか
・初回お試しなどのプランが用意されているか

などのポイントをチェックして、自分に合ったサービスを選んでみてください。

また家事代行を継続的にお願いする場合は、担当スタッフとの相性もとても重要。毎回同じ人にお願いしたいなどの希望がある場合は、マッチング制ではなく専任制を採用しているサービスを選びましょう。

意見やお願いは遠慮せずに伝える

家事代行を依頼したら、スタッフに遠慮をするのはNGです。お願いしたいことは仕事として、しっかりと伝えるようにしましょう。

サービスを受けた後は、意見を伝えることも重要なポイントです。継続して依頼を考えている場合は、「次はこうしてほしい」「ここを注意してほしい」など、フィードバックも大切です。より良いサービスを受けるためにも、お互いに必要なことはしっかりと伝えあえる関係性を築きたいですね。

スタッフが仕事しやすい環境を整える

家事代行サービスをお願いしたからと言って、何もかも丸投げでやってもらえるという訳ではありません。料理をお願いするなら必要な材料を揃えなければいけませんし、細かい場所の掃除をお願いする場合は、専用の掃除道具が必要になるかもしれません

例えば普通の洗濯物とおしゃれ着を分けて洗って欲しいと依頼したのに、おしゃれ着用の洗剤がなかったり、洗濯ネットがなかったりするとスタッフも困ってしまいますよね。お互いに気持ちの良く仕事が終えられるよう、依頼内容に合った環境をしっかり整えておきましょう。

家事代行は高い?料金の相場は1時間2,000円~3,000円

家事代行と聞くと、料金が高そうと感じる人も多いはずです。そのイメージが、家事代行に対するハードルを上げてしまっているケースも少なくありません。

基本的に家事代行の料金相場は、1時間2,000円~3,000円ほどです。もちろんサービスによって金額は異なりますが、忙しく家事に手が回らない家庭や、家事が面倒で溜まりがちな家庭にとっては、有意義なサービスと言えるでしょう。

定額制で利用できるサービスも

色々な家事を頼んでしまうと、料金が高くなってしまうかも…と不安な方には、定額制で利用できる家事代行サービスを選ぶのがおすすめです。

東京かあさんでは3つの定額制プランを用意しているので、料金設定が明確でわかりやすいと評判です。月に利用できる時間と回数によってプランが分けられているので、自分に合ったサービスを、サブスク感覚で選ぶことができます。

オプション料金もしっかりチェック

家事代行サービスの中には、スタッフ指名料や早朝深夜にオプション料金などがかかる場合もあります。子どもの人数によって料金が変わることもあるので、利用料だけでなくオプション料金も利用前にしっかりとチェックしておきましょう。

東京かあさんで必要なオプション料金は、鍵のお預かり(月額770円)のみ。留守の間に家事代行をお願いしたい場合に必要なオプションとなります。細かなオプション料金が設定されていないので、依頼がしやすいのは嬉しいポイントですね。

家事代行は使い方次第で忙しい日々の強い味方に

家事代行は使い方次第で、忙しい共働き世帯や一人暮らしを心強くサポートしてくれます。家事だけでなく育児も両立してお願いできる東京かあさんなら、家事代行とベビーシッターなど、サービスの使い分けも必要ありません。

定額制で料金設定もわかりやすいので、初めて家事代行を利用する方でも依頼しやすいのが魅力の東京かあさん。母親目線でのおせっかいサービスを、ぜひお試ししてみてください。

1分でわかる!東京かあさんってこんなサービス

  • Facebook
  • Twitter