暮らしのミソを知る情報メディア「ミソシル」by東京かあさん

東京かあさんによる情報発信メディア

東京かあさんによる情報発信メディア

ワンルームで家事代行を頼むのってどうなの?おすすめのプラン例や注意点

2021.12.3

ワンルームで家事代行を頼むのってどうなの?おすすめのプラン例や注意点

ゆずぽんず

この記事をかいた人

ゆずぽんず

知育オタクの私、筋トレ奮闘中の夫、元気すぎる娘、元野良のにゃんこの3人+1匹家族。お掃除大好き!いつでも人を呼べる家を目指して、毎日せっせと断捨離と掃除に取り組んでいます!

  • Facebook
  • Twitter

毎日の家事をサポートし、忙しい人の心強い味方となっている家事代行サービス。最近では、ワンルームに住んでいる人も多く利用しています。とはいえ、一人暮らしや女性の方にとって、安全面に不安を感じることもあるはず。そこで、ワンルーム暮らしの方におすすめの活用例や、事前に知っておきたい注意点をお伝えします!

ワンルームの家事代行利用者が増加中!

「家事代行を依頼するのは、ファミリー世帯や大きな家に住んでいる人ばかり」というイメージをもっている方も多いのではないでしょうか。実際はそういった方々だけでなく、ワンルーム暮らしや独身の方が家事代行を利用しているケースもよく見受けられます。

その理由は、家事が苦手、忙しくて家のことをする時間がない、掃除の仕方が分からない…など、人によってさまざま。ご自身の悩みに合わせてうまく活用することで、生活にゆとりを生み出すことができます。

もちろん、「ワンルームだから」という理由だけで家事代行を断られることはありません。契約や実際の利用方法も、通常と同じ流れです。「誰かの手を借りたい!」と感じたら、遠慮なく家事代行に頼っちゃいましょう!

ワンルームの場合のプラン例

家事代行を頼みたいけれど、どうやって活用すればいいのか分からない…。そんな方は、ワンルーム暮らしの方におすすめのプラン例を参考にしてみましょう!

日ごろの掃除と料理をまるごとお願い

ワンルーム暮らしの方に多いのは、日ごろの基本的な家事をお願いするパターンです。たとえば、部屋をざっと掃除機がけしたあと、水回りの1ヶ所を掃除。さらに残った時間で、料理を2~3品作ってもらう…という使い方ができます。ワンルームや1人暮らしなら、1回あたり2~3時間あれば十分でしょう。

日中できないことのフォロー

忙しいあなたに代わって、身の回りのことをしっかりとサポートしてもらうのもいいですね。たとえば、たまった食器洗いや洗濯をしてもらい、その後はクリーニングの受け取りと食材の買い出しを済ませてもらう…といった流れ。「日中はあまり家にいないから…」と後回しにしていた用事を、代わりに済ませてもらいましょう。

留守中にできないことをお任せ

鍵の預かりサービスをしている業者なら、出張や旅行の間の留守もお願いできます。たとえば、部屋の換気をしながらペットの世話や観葉植物の水やりをして、宅配便の受け渡しを済ませておく…など。ペットに関してはスタッフや業者によって対応が分かれるので、契約時に飼育状況を伝えるとスムーズです。

東京かあさんでは、ペットの飼育経験や植物の知識を持ち合わせたお母さんも活躍中です! 室内での世話はもちろん、花壇の水やりや犬のお散歩にも対応していますよ。

来客前にガツンと掃除

友達や恋人が来る前に「家の中を何とかしないと!」と焦った経験はありませんか? 普段は一人暮らしで気にならない汚れも、来客があるとなれば話は別。そんなときには、つい手入れをサボりがちなトイレやお風呂に加え、窓や床もしっかりと掃除してもらいましょう。

また、部屋の隅々をみてみると、一人暮らしでも意外と汚れが蓄積されています。毎週金曜日にガツンと掃除してもらい、週末に綺麗な部屋でのんびりと過ごすのもいいですね!

「東京かあさん」ならではの活用例

東京かあさんは、「お母さんができることは基本的に何を頼んでもOK」というルールです。だからこそ、こんな活用方法もアリ!「普段の家事代行と組み合わせて、余った時間でやってほしい」という使い方もできますよ。

こっそりと嫁修行

東京かあさんでは、ただ料理をするだけでなく、一緒に作ったりコツを教わったりすることも可能です。「彼に肉じゃがをリクエストされたけど、上手な作り方が分からない」「料理教室に通う時間がない」という方は、スタッフであるお母さんに任せて! マンツーマンで、料理の腕に自信がつくまでじっくりと教えてもらうことができますよ。

話し相手になってほしい

東京かあさんのスタッフは、「お母さん」としての役割を担っています。だからこそ、ときには依頼者の方の話し相手になることも。人生経験豊富なお母さんが、悩みも愚痴もしっかり聞きますよ

収納の悩みを解消

ワンルーム暮らしの人に多いのが、「うまく収納できない」「片付けてもすぐに散らかってしまう」という悩み。そんなときは、収納上手なお母さんが整理整頓のヒントを教えます! 1人だと捨てる勇気が出ない人は、一緒に断捨離して綺麗な部屋を目指すという手もありますよ。

家事代行を依頼する前のチェックポイント

理想のプランがイメージできたら、次は業者選びです! その際、ワンルーム暮らしの方は以下の点に注意しておきましょう。

必要なものが揃っているか

家事代行で食事や掃除などのサービスを行なう場合、基本的には家にあるものを使用します。ところが、一人暮らしで食材や掃除道具が極端に少ない場合、当日になって「家事ができない…」なんてケースも。調味料や調理道具、掃除道具などは、最低限のものだけでも揃えておきましょう。

なお、東京かあさんは食材などの買い出しにも対応しています。「料理をお願いしたいけど冷蔵庫が空っぽ!」「掃除道具が少ないけど、なにを買ったらいいのか分からない」という方は、家事の前の買い出しも任せちゃいましょう!

スタッフとの顔合わせがあるか

一人暮らしや女性の方は、セキュリティ面がとくに心配ですよね。安心して家事代行サービスを受けるためにも、どんなスタッフが来るのか事前に確認できる業者を選びましょう。

できれば、契約の前にスタッフと直接会えるのがベスト。信頼できそうな人か、定期的に自宅に招いても問題がなさそうかを、自分の目で判断しましょう

東京かあさんでは、担当となる予定のお母さんと運営スタッフが事前に伺います。その際にカウンセリングと無料体験ができるので、納得したうえで契約できますよ。また、専任制なのでずっと同じお母さんが来てくれるのもポイントです!

できること・できないことを把握しておく

家事代行で提供しているサービスは、あくまでも「基本的な家事」の範囲内です。「エアコンやレンジフードの内部を掃除してほしい」「家中にたまった大量のゴミを処分してほしい」といった内容は、専門業者に依頼しましょう。

また、料理に関しては、作れるメニューや品数がスタッフよって異なります。希望する内容を事前に伝えておき、対応可能かどうか確認しましょう。

東京かあさんにおいても、肉体的・精神的負荷の高いことはお断りしています。「重い家具を移動してほしい」「マッサージしてほしい」といった内容には対応していませんので、注意してくださいね。

また、なかには「オートロックの家は依頼者の在宅が必須」「そもそも留守時のサービス提供を行なっていない」といった業者も。留守がちな方は、事前に確認しておきましょう。

「東京かあさん」はワンルーム暮らしの強い味方!

ワンルームでもさまざまな活用方法があり、便利で心強い家事代行サービス。部屋の間取りや狭さに関係なく利用できるので、気になる業者があれば遠慮なく問い合わせてみましょう。

その際のチェックポイントは、「信頼して利用できるか」「自分の求めているサービスを提供してくれるか」という点です。一人暮らしが多いワンルームだからこそ、安心かつ柔軟に対応してくれる業者を選びましょう。

「東京かあさん」は顔合わせや専任制のシステムがあるので、契約前も利用時も安心! 家事のサポートはもちろん、「一人暮らしで寂しいから、話し相手になってほしい」「実家を出て間もないので、家事のコツを教えてほしい」といった依頼もOKです! ちょっとおせっかいなお母さんが、あなたのワンルーム暮らしを全力でサポートしますよ。

1分でわかる!東京かあさんってこんなサービス♪

  • Facebook
  • Twitter